HCD-Net主催「サービスデザインの基礎、応用、最新事例」登壇のお知らせ

セミナー

終了しました

6月23日に大阪にて開催される特定非営利活動法人人間中心設計推進機構(以下、HCD-Net)主催のセミナーに、コンセントの代表取締役社長でインフォメーションアーキテクトの長谷川敦士が登壇します。

人間中心設計やユーザー体験デザインのアプローチを用いて、企業や行政のサービスを設計するアプローチ方法であるサービスデザイン。その国際機関であるService Design Network(以下、SDN)のNational Chapter Board、SDN日本支部の共同代表として、各国におけるサービスデザイン領域の活動支援や日本でのサービスデザインカンファレンスの開催、サービスデザイン関連書籍の日本語版の監修・監訳、組織でのサービスデザインの導入・取り組みを支援している長谷川が、さまざまな業界での導入経験や国内外サービスデザインについて基礎から応用まで、最新事例をまじえながらわかりやすくご紹介します。

※2017年6月19日追記
当日の資料をSlideShareにアップしました。

《開催概要》
HCD-Net主催「サービスデザインの基礎、応用、最新事例」 

【日時】2017年6月23日(金)18:30~20:30(受付18:00~)
【場所】エムオーテックス株式会社 大阪本社 会議室(http://www.motex.co.jp/company/base/
【参加費】
・HCD-Net正会員/HCD-Net賛助会員:¥3,000
・一般(非会員):¥4,000
・HCD-Net学生会員/一般学生(非会員):¥1,000

【定員】50名(先着順)
【対象】
・HCD-Net会員全般
・IT・システム・製造業に携わる方
・スタートアップ・新規事業に携わる方
・WEB/アプリケーションの企画・開発に携わる方
・行政・公共サービスに携わる方

【主催】特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)

【詳細・お申し込み方法】HCD-Netのセミナー・サロンページからご確認をお願いします。
http://www.hcdnet.org/hcd/event/entry-1050.html

《スピーカー プロフィール》 
◎長谷川 敦士 / Atsushi Hasegawa
株式会社コンセント 代表取締役社長 インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。 2000年より「理解のデザイナー」インフォメーションアーキテクトとして活動を始める。2002年コンセント設立、代表を務める。 デザインの方法論を活用してこれからの事業開発を行う、サービスデザインを探求・実践している。最近では特に日本のサービスデザインを組織と文化の観点から分析し、海外へ発信している。 人間中心設計推進機構(HCD-Net)副理事長、Service Design Network National Chapter Boardおよび日本支部共同代表。HCD-Net 認定人間中心設計専門家。学術博士(Ph.D.)。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いします。
お問い合わせフォーム(セミナー)

セミナーに関する最新情報は、弊社発行のメールマガジンでもお届けしています。
メールマガジンの配信お申し込みフォーム

セミナー・イベント情報

トップ