大林組 社内報『マンスリー大林』

事例紹介

トップ

※掲載画像:表紙、p27-28(2009年11月号)、p9-10(2009年9月号)

 

プロジェクト概要

ボトムアップと、社員同士の横のつながりの活性化を促すツールとして位置づけられている社内報の役割を、十分に発揮すること。そして大林組ならではのチカ ラをアピールすること。「元気と活力」のなかに、洗練された「上品さ」を備えた社内報へのリニューアルがいただいたご要望でした。

 

問題解決までのアプローチ/クリエイティブのポイント

企画や編集面はそのほとんどを大林組ご担当者様が行います。そのため、基本的にはデザイン面からリニューアルを担当させていただきました。読み手に伝わるには、どうすればもっとよくなるか、という視点で、毎号、反省会を行い、改善点を話し合うなど、双方向に意見の交換をさせていただいています。

 

お客様からの声

社内報を社員が「読んで」・「考え」・「共感する」、仕事への意識と行動の変革をうながす媒体と位置づけ、誌面のリニューアルをお願いしました。特集企画 をはじめ各コーナーで、私たち編集サイドのねらいが伝わるよう、デザインに工夫を凝らしてもらっています。これからもパートナーとして、より多くの社員の共感を呼ぶ紙面づくりをしていきましょう。

クライアント

株式会社大林組 様

担当領域

アートディレクション, デザイン, 印刷
tags
,

仕事に関するお問い合わせ

仕事の依頼やご相談は、下記フォーム、もしくはお電話よりお願いします。

  • お問い合わせフォーム(仕事の依頼・ご相談)
  • お電話でのお問い合わせ:03-5725-0148