PR/IRツール

事例紹介

トップ

PR(Public Relations)やIR(Investor Relations)ツールには、しっかりとした戦略的視点が必要です。
ステークホルダーごとに必要となるツールやメディアは異なります。

「誰に対して」「どんなメッセージを」「どうやって伝えていくか」

コンセントでは戦略上重要になるステークホルダーを設定し、伝えるべきメッセージの設計を行い、それをどのように伝えていくか、紙媒体、Webをはじめとしたあらゆるメディアを活用して企画・デザインしていきます。

事例一覧

ベルマーク教育助成財団 『ベルマーク運動 活動理解促進パンフレット』
ベルマーク運動の仕組みを、小学校中・高学年の子どもと大人にわかりやすく伝えるデザインを設計。
詳細を見る
株式会社ハピライズ(サンマリエ) 『会社案内』
企業イメージに相応しい世界観を、デザインや用紙、印刷加工までこだわり表現。
詳細を見る
大林組 社内報『マンスリー大林』
「読み手に伝わるためには、どうすればもっとよくなるか」という視点で、毎号、意見交換をしながらデザイン。
詳細を見る
日本公文教育研究会サイト
興味を元に、理解に落とす。「だから、KUMON」が実現できる、コンバージョンにすぐれたサイトリニューアル。
詳細を見る
明治学院大学 広報誌『白金通信』
日本の大学として先駆的な「大学のブランディング」活動の一端を担う媒体としての広報誌を目指したデザインに。
詳細を見る
経済産業省『省案内パンフレット』
アウトラインから具体的な内容へと、読者をナビゲーションする情報の流れを設計。
詳細を見る
フジクラ 社内報『Tsunagu』
「読んでもらえて」「役に立ち」「参加したくなる」社内報を目指したコンテンツ・デザインを追求。
詳細を見る

仕事に関するお問い合わせ

仕事の依頼やご相談は、下記フォーム、もしくはお電話よりお願いします。

  • お問い合わせフォーム(仕事の依頼・ご相談)
  • お電話でのお問い合わせ:03-5725-0148