役員からのメッセージ

「デザインの力」

取締役/サービスデザイナー 大崎 優

かたちをつくって試すこと、人を動かすこと

「デザイン」とはなんでしょうか?

デザインとは問題解決であるとはよく言われますが、同時に「問題を発見すること」、そして「文脈を外すこと」もデザインの大事な役割です。誰も感じていない小さな問題を発見して提示するだけでも、それが大きな社会的意義になることがあります。また、問題解決の手段として真正面からアプローチするのではなく、それを皆がワクワクできるものにするために文脈をコントロールして表現することもデザインの重要な役割と言えます。また、世の中には必ずしも「問題」にあふれているとは言えません。私たちは先人たちが問題解決をしてくれた社会に暮らしています。その中で、どのような生きる意味をつくり出していけるかも、デザインの大きな役割だと言えるでしょう。

私は雑誌等の紙媒体をつくるエディトリアルデザイナーとしてキャリアをスタートし、今はクライアント企業の事業開発や組織開発の支援を行うサービスデザイナーとして活動しています。ここ近年、デザインがビジネスの文脈で語られることが多くなり、その概念が広がってきています。そのような文脈の中でデザインに求められることは、まずは「かたちをつくって試すこと」、これを速く行うことだと思っています。「手で考えるデザイナー」と言われるように、頭で考えて出てこないことも手を使って考えたら出てくることがある。これはデザイナーがもつ1つの力ですし、社会的にはかなり希少な力だと考えています。

デザイナーの役割は「人を動かすこと」

この「かたちをつくること」はとても大事で、人の活動の中でも特殊なことだと思っています。ここで言う「かたち」は、フォルムや色彩のことだけではありません。視覚化や暗黙知の形式知化、あったらいいなと思うことや体験を人が試せるようにかたちにしていくことです。

さらにデザインには「いろいろなものをつなげる力」があります。異なるファクターを束ねるファシリテーターとしての役割がデザイナーに求められるのも、そのためでしょう。

そしてこの「かたちづくって試せるようにする力」と「いろいろなものをつなげる力」により、「人を動かすこと」がデザイナーが社会に価値提供できる重要な仕事だと考えています。

そのためには、論理的に解を導いていくだけではなく、情緒的価値を伝えていくこともまた大切です。なぜなら人は納得すると同時に「情」を感じなければ動かないからです。

左脳的な問題解決が必要なときもあれば、右脳的な人の想像を超えるクリエイティブや文脈を外すことが必要なときもある。左脳と右脳の両方を大切にしてそのバランスを取りながら、クライアント企業や社会の価値に向き合っていくことが、デザイナーに求められています。

未開拓な領域へ

コンセントは46年前に、百科事典のデザインをきっかけに創業しました。そこから、教科書や書籍のデザイン、当時は黎明期であった雑誌のデザイン、Webや紙媒体等の企業コミュニケーションツールの企画・デザイン、あらゆる共創の場のファシリテーション、そして事業開発や組織開発支援、公共サービスへのデザイン適用などのサービスデザインへと、デザインの適用の範囲を広げてきました。

振り返って言えることでもありますが、私は「デザインの力が及ばないところはない」と信じています。
ビジネスとデザインの関係性が近く語られるようになり、デザイナーやデザイン会社に対する社会からの期待はますます高まっていますが、まだまだ未開拓な分野が多くあります。
近年では、企業の組織開発にデザインの手法を用いる事例も見られますし、地方公共団体がデザインの知見を積極的に活用する事例も増えてきています。

コンセントでは「デザインでひらく、デザインをひらく」という言葉をミッションに掲げています。コンセントのメンバーはデザインの力を信じている人ばかりです。デザインの力で、一緒に社会を切り拓いていきましょう。