社員インタビュー

専門性を高めながら、
ありたい姿に近づいていきたいですね

大石拓馬(おおいし・たくま) ディレクター

2015年入社。自分の学んできた「デザイン」「マネジメント」「エンジニアリング」を複合的に活かせる分野として「サービスデザイン」に興味を抱き、コンセントに入社。趣味はフットサル。

就職活動中に浮かび上がった「やりたいこと」

大石さんの経歴を教えてください。

京都工芸繊維大学のデザイン経営工学課程を卒業後、コンセントに入社しました。大学では「デザイン」と「マネジメント」と「エンジニアリング」を領域横断的に学びましたが、その中でも特に「デザイン」に軸足をおいて活動していました。

就職活動ではどのような企業の選考を受けましたか?

実はコンセント以外にデザイン会社は受けていません。広告代理店のプランナーやメーカーの企画職などを中心に受けていました。企画から制作まで携われる職種に興味があったんです。

コンセントに入社を決めた理由を教えてください。

コンセントでなら、クライアントやユーザーの課題解決のために、上流からしっかりコミットできると感じたためです。ここに入れば、3領域を横断的に学んだ知見を活かせると確信しました。

コンセントの事業領域の中でも、特に興味をもったのは「サービスデザイン」です。デザインの手法やプロセスを用いて、事業やサービス開発、組織デザインにまでコミットできる仕事は、まさに自分の理想の形でした。なので、面接時から「入社したらサービスデザインがやりたいです」と強く希望していましたね。

大規模プロジェクトで学んだ「新たな視点」

どのようなプロジェクトを担当してきましたか?

入社後は希望通り、サービスデザイン事業部に配属されました。1年目は、ユーザー調査をして、プロダクトのコンセプト立案を行うプロジェクトを数多く経験しました。

若手でも、成果に応じて責任ある仕事や裁量をどんどん与えてもらえるので、かなり成長できる環境だと思います。はじめは、プロジェクトごとに異なる課題に対して、どのようにアプローチするか悩んでばかりでしたが、2年目にはプロジェクトのリーダーを任せてもらえるまでになりました。

ただ、自分の中で葛藤もありました。

どのような葛藤ですか?

「サービスデザイナーとしての強み」がなかったのです。

サービスデザイン事業部の先輩は、「エディトリアルデザインの一線で活躍してきた」「大規模のWebサイト制作をいくつもこなしてきた」「社内で1番の営業成績を達成してきた」などのバックグランドをもったうえで、サービスデザインを実践している人ばかりです。

しかし新卒で配属された私は、当たり前ですがそのような強みがありませんでした。

そこで、専門性を高めるために、制作系のプロジェクトに手を挙げました。その希望はすぐ受け入れられ、アプリ開発のプロジェクトに参加できることになったんです。

実際にそのプロジェクトに参加してみてどうでしたか?

関係者が50人以上の大規模プロジェクトで、ディレクターとして各社との連携をとる役割を担ったのですが、デザイナーとエンジニアの間で調整を取りながら、どのようにプロジェクト全体をマネジメントしていくのかという部分で、とても苦戦しました。

プロジェクトのゴール達成に向けて、クライアントとのコミュニケーションを大切に関係性を深め、メンバーのモチベーションにも配慮し、コストを管理しながら納期に間に合わせる。このディレクターとしての基本的な視点が自分になかったことに気づかされました。

このプロジェクトを通じて、アウトプットの品質だけでなく、プロジェクトの品質を高めることの重要性を学びましたね。

現在はどのようなプロジェクトが多いのでしょうか?

3年目からは、Webサイト制作を中心とする部署に異動になりました。現在は化粧品会社のコーポレートサイト、ブランドサイト、ECサイトのリニューアルを担当しています。

Webサイト制作は、自分が携わったアウトプットがすぐにユーザーのもとに届くので、サービスデザイン事業部の時とはまた違ったやりがいを感じています。ビジネスのレイヤーを踏まえてアウトプットを考えるという点では、サービスデザイン事業部での経験がかなり活かせています。

「社内転職」が成長をドライブ

今後の展望を教えてください。

まず1~2年のうちに、大規模のWebサイト制作を自分が主導して回せるようになりたいですね。今はまだ知識や経験が足りていないことを痛感しています。なので、さまざまな規模や種類のWebサイト制作をどんどん経験してステップアップしていきたいです。

まずはバックグラウンドの確立のために、Webサイト制作に注力していきたいということですね。

そうですね。ただ、将来的にはWebサイトに限らず、課題解決のための最適解を柔軟にアウトプットできる人材になりたいと考えています。Webサイト制作というバックグラウンドをもったうえで、それが実現できるようになってはじめて、一人前のサービスデザイナーになれると考えています。

そういう意味では、社内に「サービスデザイン」や「Webサイト構築・設計」「エディトリアルデザイン」といった各領域の専門性を活かせるさまざまな部署があり、社内の部署異動が転職のような役割を果たし、領域の掛け算で成長していけるのが、コンセントで働く最大のメリットだと思います。

最近は、私と同じような志向の学生も多いかと思いますが、そのような人にとっては、コンセントは成長スピードを上げられるこの上ない環境ではないでしょうか。