月刊『事業構想』2016年1月号にインタビュー記事が掲載

パブリシティー

2015.12.01

12月1日発売の月刊『事業構想』2016年1月号(宣伝会議)に、コンセントの代表取締役/インフォメーションアーキテクトの長谷川敦士のインタビュー記事が掲載されています。

「成熟産業にチャンスあり」という大特集のなかで、注目の事業開発手法としてサービスデザインを概観し紹介している記事です。インタビューのなかでは実際のコンセントのサービスデザインプロジェクトとしてカシオ計算機さまの介護向けサービス立ち上げの事例も交えながらご紹介しています。

ぜひご一読ください。

月刊『事業構想』2016年1月号
大特集「成熟産業にチャンスあり」
注目の事業開発手法、サービスデザイン 「顧客の時代」に必要な企業改革