「WCAN 2017 Summer」登壇のお知らせ

イベント

終了しました

2017年7月15日に名古屋にて開催される「WCAN 2017 Summer」(主催:有限会社アップルップル)に、アートディレクター/デザイナーの関口裕が登壇します。

 

「WCAN」はWeb Creators Association Nagoyaの略で、名古屋を中心とした地域のWeb制作者やWebに興味のある人の活動体です。

「WCAN 2017 Summer」では、2つのセッションとライトニングトークが行われる予定で、関口はセッションの1つに登壇。「コンテンツのデザインとウェブデザイナーにできること」と題し、Webにおけるコンテンツのありかた、大切にしていくべきこと等をお話しいたします。

《開催概要》
WCAN 2017 Summer 

【日時】2017年7月15日(土)13:00〜(12:00受付開始)、※懇親会 18:00 – 20:00
【場所】名古屋国際会議場 会議室 141+142(愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1)
アクセス ⇒ http://www.nagoya-congress-center.jp/access/syuhen.html
【定員】180名
【会費】一般 / ¥3,000 学生 / ¥1,000
※懇親会費用:¥3,500(税込)定員:80名
【主催】有限会社アップルップル

【申込締め切り】本編 銀行振込 : 7/13(木)17:00まで、本編 PayPal : 7/14(金)23:59まで
懇親会 : 7/13(木)17:00まで
※銀行振込による本編参加と懇親会は、7/13(木)17:00が期限になります。
【タイムテーブル等の詳細・お申し込み】「WCAN 2017 Summer」の公式イベントページにてご確認をお願いします。
https://wcan.jp/event/2017summer/

《関口登壇概要》
コンテンツのデザインとウェブデザイナーにできること 

【内容】
ウェブにおいて、コンテンツとは何を指すのでしょうか?
コンテンツファーストという言葉が広まって久しいですが、私たちは日頃のデザインや開発において、コンテンツをどのように捉えているでしょうか。そして、これからのコンテンツ開発とは何でしょうか。
視野を広く持ち、コンテンツのありよう、そして何を大切にしていくべきかについて、私の考えをお話したいと思います。

《関口 裕 プロフィール》
◎関口 裕(Yutaka Sekiguchi)
株式会社コンセント アートディレクター/デザイナー 

 

静岡文化芸術大学でプロダクトデザインを修める。2006年(株)アレフ・ゼロ(現・コンセント)入社。雑誌デザインを中心に書籍や広報誌など紙媒体のデザインに携わった後、大規模・中規模のコーポレートサイトやブランドサイトなどをはじめとしたデジタルメディアのデザインに従事。設計の上流工程からグラフィックのフィニッシュワークまで、幅広く関わりデザインを手掛ける。現在はモジュール型デザイン開発とシステムの関係、コンテンツとデザインの関係について模索中。メディアや規模感の違う案件を同時に進めるのが好き。
共著に『レイアウトデザイン見本帳 レイアウトの意味と効果が学べるガイドブック』(エムディエヌコーポレーション  2017.4.18)がある。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いします。
お問い合わせフォーム(セミナー)

セミナーに関する最新情報は、弊社発行のメールマガジンでもお届けしています。
メールマガジンの配信お申し込みフォーム

セミナー・イベント情報

トップ