『サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする』

Service Designについて学ぶ ブック

2014.05.02

2013年にローゼンフェルドメディアから出版された『Service Design From Insight to Implementation』の日本語版が、4月30日に『サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする』(丸善出版)として刊行されました。

ビジネス視点と顧客視点の両方から事業全体をリフレームするのがサービスデザイン。本書ではそのための理論や手法、実践例が解説されています。企画段階から調査、プロトタイピング、計測といったところまでがストーリーとして扱われており、具体的な流れを理解するのに役立つような章立てとなっています。

この日本語版の刊行にあたっては、メンバーの一人として、コンセントのプロデューサー/サービスデザイナーである赤羽太郎も翻訳に参加しました。また、監訳は、コンセント代表取締役/インフォメーションアーキテクトで、Service Design Network日本支部共同代表でもある長谷川敦士が務め、監訳者序文も寄せています。

書籍情報

■書名:『サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする』
■著者:Andy Polaine, Lavrans Lvlie, Ben Reason
■監訳:長谷川敦士
■翻訳:青木博信、赤羽太郎、上野裕樹、内山誠彦、周治貴伸、谷真裕、野澤紘子、吉岡典子、脇阪善則
■監修:UX TOKYO
■出版社:丸善出版株式会社
■版型:A5判/260ページ
■ISBN:978-4-621-08818-0
■定価:2,400円(本体 2,400円+税)
■刊行:2014年4月30日

出版元 丸善出版サイト内のオフィシャルページ
『サービスデザイン ユーザーエクスペリエンスから事業戦略をデザインする』のご購入
監訳者 長谷川敦士プロフィール|役員略歴
⇒ 翻訳者 赤羽太郎プロフィール|サストコ