ニュース

2017.06.23

本日6月23日に刊行された、コンセントのプロジェクトマネージャー山道正明の著書『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング(できるビジネス)』(発行:インプレス)が、「Web担当者Forum」「J-CASTトレンド」「オタク産業通信」で紹介されました。

【関連リンク】
『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング(できるビジネス)』|ラボ

2017.06.09

コンセントの全天球映像作家「渡邊課」が撮影ディレクションを手がけた、ハウステンボス「VRの館」の2コンテンツが、あらたに渋谷にオープンする「SHIBUYA VR LAND」のコンテンツに選ばれました。

この「SHIBUYA VR LAND」は、長崎県のハウステンボス内に2017年3月にオープンした「VRの館」で提供されている人気VRコンテンツを、東京でも体験できるようにと展開されるものです。
「VRの館」の数あるコンテンツの中から5種が選ばれ、渡邊課が撮影ディレクションを担当した「迫りくる愛のささやき」と「VR心霊百物語」がそのうちの2種に選出。長崎だけではなく東京でも体験が可能になりました。

「SHIBUYA VR LAND」は渋谷の商業施設「渋谷 MODI(モディ)」のB1階にオープン。プレオープンは2017年6月17日(土)、グランドオープンは2017年6月24日(土)です。

◎「SHIBUYA VR LAND」概要
【営業時間】11:00〜21:00
【場所】渋谷 MODI B1F
【料金】2,200円(税込)
【詳細】ハウステンボスのニュースリリースにてご確認をお願いいたします。
http://www.huistenbosch.co.jp/aboutus/pdf/170607_htb09.pdf

◎渡邊課担当の2コンテンツの概要
・「VR心霊百物語」
http://www.huistenbosch.co.jp/enjoy/amusement/005250.html

・「迫りくる愛のささやき」
http://www.huistenbosch.co.jp/event/vr/vr_palace.html

企画・制作:株式会社クリーク・アンド・リバー社
撮影ディレクション:渡邊課(株式会社コンセント)

【関連リンク】
渡邊課が手がけたハウステンボスのVRコンテンツが「ガイアの夜明け」にて紹介|ニュース(2017年3月22日)
ハウステンボスの新アトラクション「VRホラーハウス」に渡邊課が協力|ニュース(2016年9月23日)

渡邊課 Youtubeチャンネル
渡邊課(コンセント 全天球映像作家)|Tumblr
新たなビジュアル言語の可能性に着目し全天球動画をはじめとしたコンテンツづくりに取り組み、 今後の情報体験の在り方を追求しています。

2017.06.06

2017年6月1日〜6月25日開催のショートフィルムを普及推進する映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル アジア 2017(以下、SSFF & ASIA 2017)』。今年のテーマ「cinemaTIC! cinemaTEC!」に関連して、VR THEATERとGalaxy協力のもと、VR映像を体験できる場が登場。VR映画館「VR THEATER」のさまざまなコンテンツが上映され、コンセントの全天球映像作家「渡邊課」が撮影を担当した、VR “DEAD” THEATER 『領域』も会場で体験いただけます。

ぜひ足をお運びください。

SSFF & ASIA 2017 VR映画上映 実施概要 

【開催日時・会場】
・2017年6月2日(金)〜6月4日(日) @表参道ヒルズ スペース オー
・2017年6月7日(水)〜6月11日(日)@ラフォーレミュージアム原宿
・2017年6月2日(金)〜6月25日(日)@ブリリア ショートショート シアター
【事前予約】不要
【入場】無料(一部、有料コンテンツ有り)
【詳細】SSFF & ASIA 2017のオフィシャルインフォメーションページにてご確認お願いします。
【お知らせ】VR THEATERと連携し、映画祭会場にてVR映画上映を実施|ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017

【「SSFF & ASIA 2017」オフィシャルサイト】
http://www.shortshorts.org/2017/

【関連リンク】
VR映画館「VR THEATER」オフィシャルサイト
玄光社『ビデオSALON』2017年4月号に渡邊課の取材記事が掲載|ニュース
渡邊課 Youtubeチャンネル
渡邊課(コンセント 全天球映像作家)|Tumblr
新たなビジュアル言語の可能性に着目し全天球動画をはじめとしたコンテンツづくりに取り組み、 今後の情報体験の在り方を追求しています。

2017.06.06

コンセントで制作を支援させていただいた、東京工業大学様がWebサイトで展開されている研究ストーリーの記事「個性豊かな東工大のロボットたち ―水中や高所探索、手術支援、人工筋肉など―」が、マイナビニュースで紹介されました。

マイナビニュース
■掲載ページ
【レポート】ヘビから人型まで、東工大発の「ロボット」が集結 – 「軽い」Webコンテンツの意図は?(2017/6/1掲載)(掲載:2017/06/01)
http://news.mynavi.jp/articles/2017/06/01/robot/ 

■制作ページ
個性豊かな東工大のロボットたち ―水中や高所探索、手術支援、人工筋肉など―|東京工業大学
⇒ 日本語版 http://www.titech.ac.jp/research/stories/robot2017.html
⇒ 英語版 http://www.titech.ac.jp/english/research/stories/robot2017.html

2017.06.01

5月31日~6月2日に幕張メッセにて開催中の「第4回 ライブ・エンターテイメントEXPO」に出展されているPanasonicブース内「Domeworks」コーナーに、コンセントの全天球映像作家「渡邊課」が制作したミュージックビデオ(以下、MV)を提供しています。

「ライブ・エンターテイメントEXPO」は、コンサートや各種ショーに関する製品やサービスの展示会で、「Domeworks」(http://www.domeworks.jp/)は株式会社オリハルコンテクノロジーズが提供する可搬型ドームシアターソリューションです。

今回、渡邊課が提供したのは、企画や監督、撮影、映像編集を担当した、ロックバンド「Hello Sleepwalkers」のMV「ハーメルンはどのようにして笛を吹くのか」。全天球動画とグラフィックデザイナーのサヤメタクミ氏によるアート作品のコラボが楽しめる作品となっています。

◎展示会概要
【名称】第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO (4th Live Entertainment Expo TOKYO)
【開催期間】2017年5月31日(水)~6月2日(金)<3日間>
10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
【会場】幕張メッセ
【主催】リード エグジビション ジャパン株式会社

◎渡邊課制作映像の提供概要
【ブース】Panasonicブース内「Domeworks」コーナーにて展示
【提供映像】360°MV ハーメルンはどのようにして笛を吹くのか / Hello Sleepwalkers

https://www.youtube.com/watch?v=tvrt8_aD0ig

【関連リンク】
ライブ・エンターテイメントEXPO 公式サイト
渡邊課の監督によるHello Sleepwalkersの全天球ミュージックビデオが公開|ニュース
渡邊課 Youtubeチャンネル
渡邊課(コンセント 全天球映像作家)|Tumblr
新たなビジュアル言語の可能性に着目し全天球動画をはじめとしたコンテンツづくりに取り組み、 今後の情報体験の在り方を追求しています。