ニュース

書籍『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング(できるビジネス)』刊行のお知らせ

  • AddThis
コンセントのプロジェクトマネージャーの山道正明の著書『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング(できるビジネス)』が、2017年6月23日にインプレスより刊行されます。

「ある日、自社のWeb担当者になった。なにをどう考えてWebを運営していけばいいんだろう?」
「Web担当になってまだ少し。キャンペーンサイトを立ち上げることになった/コーポレートサイトのリニューアルをすることになった。どう進めればいい?」

本書は、さまざまな企業等の組織のWebサイトの戦略策定や制作を担当してきた山道が、企業のWeb担当者が直面するシーンを想像しながら、Webディレクションに必要な知識や考え方をご紹介したものです。

システムディレクター、プロジェクトマネージャーとして広くWeb戦略や制作に俯瞰的・具体的な視点で関わり、社内外の多数のステークホルダーの合意形成をはかりながら進める大規模Webサイト制作の経験が多い山道ならではの視点で書かれ、Web担当者として知っておくべき知識を網羅的に習得できる内容となっています。また、Web現場でよく起きる「あるある」ネタをもとに解説していることで、業務で起こりそうなシーンを具体的にイメージしていただきながら、どのように考え対処すべきかを学んでいただけます。

イラストを担当するのは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人でイラストレーターとしても活躍中のおほしんたろう氏。思わずクスッと微笑みながらも共感してしまう、ユーモラスな味付けがほどこされています。

基本的な知識や考え方の軸を得たいと考えている企業Web担当の入門〜初級者の方、ディレクションの観点を身につけスキルアップをはかりたいと考えているWebデザイナーや制作会社の若手ディレクターの方にぜひお役立ていただきたい1冊です。


■本書の構成

  • CHAPTER 1 Web担当者になったときのあるある
  • CHAPTER 2 サイト制作・リニューアルのあるある
  • 

CHAPTER 3 コンテンツ作りのあるある
  • 
CHAPTER 4 日々の運営とレポートのあるある
  • CHAPTER 5 PDCAとビジネス成長のあるある



《書籍情報》

『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング(できるビジネス)』

■ 著者:山道 正明

■ イラスト:おほしんたろう

■ 出版社:インプレス

■ 仕様:ソフトカバー / 四六判 / 224ページ

■ ISBN:978-4295001409

■ 発売日:2017年6月23日

■ 定価:1,598円(本体1,480円+税)

出版社 インプレスの本書オフィシャルページ
『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング(できるビジネス)』のご購入
(Amazonのサイトへリンクします)
※2017年6月8日現在、予約受け付け中


《追記》

書籍出版を記念して、2017年7月19日に開催されたセミナー「ディレクションできるWeb担当者になる! みんなが悩む「どう進めればいいの?」の乗り越え方〜『「あるある」で学ぶ 右肩上がりのWebマーケティング』出版記念セミナー」(主催:インプレス様)に、著者の山道が登壇しました。

https://www.concentinc.jp/news-event/seminar/2017/06/aruaruweb-book-launch-party/

著者プロフィール

山道 正明 / Masaaki Yamamichi

株式会社コンセント プロジェクトマネージャー

システム会社でプログラマー、エンジニアを経験後、2006年にシステムディレクターとして株式会社コンセントに入社。大手化粧品メーカーのバックエンドシステムリニューアルプロジェクトなど、主にシステム系案件に参画し、システムディレクション、制作ディレクションに従事。2010年からはプロジェクトマネージャーとして、大手調剤薬局のコーポレートサイトリニューアル、大手国内アパレルメーカーの業務用アプリ開発およびユーザーコミュニケーションサイト制作、大手出版社のデジタル教材開発、大手電機メーカーのBtoBサイト統合・戦略策定など、さまざまな業種業態の企業をクライアントとした、長期にわたる業務支援を行うプロジェクトに携わっている。企業のWeb担当者や制作会社のディレクター向けの講演活動も。

著者Webサイト:http://2049.jp

インタビュー記事|サストコ特集「“ふつうの感覚”を大切に、コミュニケーションを考え直す」
講演|札幌でのイベント「Director’s Night vol.4」

  • AddThis