セミナー・イベント

開催日:2017.9.19(火)終了しました

「Xデザイン学校公開講座:みらいのデザインを考える」に長谷川敦士が登壇

  • AddThis
2017年9月19日に武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ(六本木)にて開催される、「Xデザイン学校公開講座:みらいのデザインを考える」でのディスカッションに、コンセントの代表取締役社長でインフォメーションアーキテクトの長谷川敦士が登壇します。

「Xデザイン学校」(共同代表:浅野智氏、山崎和彦氏)は「未来の学校体験」の実験として、生徒同士や教員とがつながりをもち「学びあう体験」を目指し、2017年5月に正式に開始した新しいデザインの学校です。2016年度のプロトタイプ「Xデザイン学校β」を受け、2017年度は「ベーシックコース」と「アドバンスコース」の他、フォーラム等、誰もが参加できるオープンなイベントも行われています。

今回の公開講座「みらいのデザインを考える」は、書籍『デザインの次に来るもの これからの商品は「意味」を考える』の著者である安西洋之氏からの話題提供をもとに、ライトニングトークとディスカッションが予定されています。長谷川は後半のプログラム「考えるディスカッション」に、安西氏、Xデザイン学校共同代表の山崎和彦氏とともに登壇します。

[ 開催概要 ]

講座名称 Xデザイン学校公開講座:みらいのデザインを考える
日時 2017年9月19日(火)18:30-20:30(開場18:00)
場所 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ(六本木)
住所 東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階(デザインハブ内)
アクセス
  • 都営大江戸線「六本木駅」8 番出口より直結
  • 東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a 出口側から地下通路を経由し、8 番出口より直結
主催 Xデザイン学校、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
参加費 2,000円
詳細・お申し込み

Peatixのイベントページにてご確認お願いいたします。

[ プログラム ]

18:30-19:30
話題提供:「デザインの次に来るもの」
  • 安西洋之 氏(モバイルクルーズ(株)代表)
19:30-20:30
考えるディスカッション
  • 安西洋之氏(モバイルクルーズ(株)代表)
  • 長谷川敦士(コンセント・代表)
  • 山崎和彦氏(千葉工業大学・教授)

長谷川のプロフィール

長谷川 敦士

株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

2000年より「理解のデザイナー」インフォメーションアーキテクトとして活動を始める。2002年コンセント設立、代表を務める。 デザインの方法論を活用してこれからの事業開発を行う、サービスデザインを探求・実践している。最近では特に日本のサービスデザインを組織と文化の観点から分析し、海外へ発信している。 人間中心設計推進機構(HCD-Net)副理事長、Service Design Network National Chapter Boardおよび日本支部共同代表。HCD-Net 認定人間中心設計専門家。学術博士(Ph.D.)。

  • AddThis