セミナー・イベント

開催日:2018.3.23(金)終了しました

日本広報協会「第14回 医療機関広報フォーラム」に荒尾彩子と筒井美希が登壇

  • AddThis

2018年3月23日に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催される「第14回 医療機関広報フォーラム」に、コンセントのコンテンツディレクターの荒尾彩子と、アートディレクターの筒井美希が登壇します。

「医療機関広報フォーラム」は、公益社団法人日本広報協会が毎年開催している、医療機関の広報の在り方を考えていくフォーラムです。テーマに「“広報力”が患者や地域との信頼を築く“経営力”に」を掲げ、対象者も医療専門職・事務職・看護職など、職種を問わない広報に関心のある医療従事者とされており、さまざまな内容のセッションが組まれています。

今回のフォーラムは、6月に運用予定の新たな「医療広告ガイドライン」、文章作成術、編集・デザインに関する3つの講義が予定されており、コンセントの荒尾と筒井は、「広報誌をワンランクアップ! ~もっと読まれるための編集・デザインのポイントとクリニック」と題された講義3に登壇します。

荒尾・筒井の講演概要

15:20~17:00 講義3
「広報誌をワンランクアップ!
~もっと読まれるための編集・デザインのポイントとクリニック」

【内容】
どうすればもっと読まれる広報誌になるのか、編集やデザインをワンランクアップするためのヒントを学びます。また、講義の中では、実際の医療機関広報誌(※)を取り上げて、公開クリニックを行います。

※参加医療機関の広報誌を取り上げさせていただきます。クリニックをご希望の方は、日本広報協会事務局宛に広報誌を2月9日必着でお送りください。その際には必ず「どんな方に向けて、どういう意図で、どんなことを心がけて作っているか」が分かるコメントを添えてお出しください。なお、講義時間の都合で、すべての広報誌をクリニックできない場合がございます。ご了承ください。詳細は日本広報協会「第14回医療機関広報フォーラム」ページにてご確認をお願いいたします。

[ 開催概要 ]

イベント名称 第14回 医療機関広報フォーラム
日時 2018年3月23日(金)13:00~17:00
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟417号室
対象 医療専門職・事務職・看護職など、職種を問わず広報に関心のある 医療従事者
定員 100人
参加費 8,000円(税込) ※日本広報協会会員は5,000円(税込)
主催 公益社団法人 日本広報協会
詳細・お申し込み 日本広報協会「第14回医療機関広報フォーラム」ページにてご確認お願いいたします。

スピーカープロフィール

荒尾 彩子(Ayako Arao)

株式会社コンセント コンテンツディレクター 

コンテンツ戦略提案と表現方法の両面からの課題解決力を活かし、医薬品・自動車業界や研究開発・教育機関などのコミュニケーションメディアの編集デザインを手がける。

筒井 美希(Miki Tsutsui)

株式会社コンセント アートディレクター

エディトリアル、グラフィック、Web、映像など、幅広いジャンルの「伝わるデザイン」を手がける。企画編集・デザインも自身で行った著書『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』がある。

  • AddThis