セミナー・イベント

開催日:2018.9.28(金)

「サービスデザイン・フォー・ライフ ヘルスケア分野におけるデザイン活用の可能性 〜Service Design Seminar vol.28」を開催

  • AddThis

2018年9月28日に、28回目となるService Design Seminar「サービスデザイン・フォー・ライフ ヘルスケア分野におけるデザイン活用の可能性」をamuにて開催します。


ヘルスケア分野におけるデザイン活用の可能性について、
社会の動向や海外最新事例を交えながら展望します。

欧米では以前より、ヘルスセクター(医療・健康・福祉分野)において、サービスデザインの活用が盛んです。共創的なアプローチを取り入れ、サービスの受け手も提供者も含めたステークホルダー全体のサービス体験を最適化し、持続可能なサービスの実現をめざすサービスデザインは、医師、病院経営者、行政、患者、介護者…多岐にわたる関係者の利害や状況が複雑に絡み合うこの分野においても期待されています。

日本では、皆保険制度や高度医療技術がある一方、患者中心のサービス実現に向けた取り組みは本格化の途上といえます。高齢化や行政サービスの削減、インターネットの普及、テクノロジーの発達など、ヘルスセクターをめぐる状況は複雑性を増しており、より患者中心視点でのサービスデザインの必要性が増しています。

本セミナーでは、SDN(Service Design Network)が発行する『Service Design Impact Report: Health Sector』に収められた、医療・健康・福祉分野の世界の最新事例を紹介しつつ、サービスデザインの可能性を展望します。


【こんな方におすすめ】
今後のヘルスセクター(医療・健康・福祉分野)に関して利用者中心のサービス開発・改善を検討している方、とくに
  • 行政サービスの改善を検討している行政、自治体関係者の方
  • ヘルスセクターでの新規ビジネス開発を検討している民間企業の方
  • 患者中心のケアに携わるNPOなどの方

【こんな事が学べます】
  • ヘルスセクターへのサービスデザイン導入の概況
  • 欧米を中心としたヘルスセクターでのサービスデザイン先進事例
  • 患者中心のCX / UX実現のアプローチ方法

[ 開催概要 ]

セミナータイトル サービスデザイン・フォー・ライフ ヘルスケア分野におけるデザイン活用の可能性 〜Service Design Seminar vol.28
日時 2018年9月28日(金)17:00〜20:30(16:30開場)
会場 amu(東京都渋谷区恵比寿西1-17-2)
※CONCENT Service Design Div. オフィス内(http://www.a-m-u.jp/access/
定員 30名
参加費用
3,000円(税込)
※(9/7)誤記があったため訂正いたしました。
※参加費用は懇親会費込みとなっており、懇親会不参加による部分返金には応じかねます。ご了承ください。
※チケットは同時に2枚まで購入することができます。2枚ご購入の際は、受付時に必要な情報となりますので、もうお一方のお名前/ご所属先/部署・肩書き/メールアドレスをお申し込みフォームの備考欄にご記入下さい。
※領収書につきましては、下記領収相当書類をご利用ください。
・クレジットカードの場合:カード会社から送付される「ご利用明細書」や「引き落とし明細書」
・コンビニ/ATM払いの場合:コンビニエンスストア店頭でお渡しする領収書やATM利用明細書
上記書面をご利用いただけない場合は、Peatixの「領収データ」をご利用ください。
領収データのアクセス方法
※チケットご購入後のキャンセル・返金につきましては、原則として承りかねます。チケット譲渡や代理の方の出席は可能です。Peatixの「主催者へ連絡」フォームまたは下記お問い合わせ先へのメールにてご一報ください。
チケットの譲渡について
※天災や悪天候ほか諸般の事情により開催中止とさせていただく場合には、当日午前中までにイベントページにその旨掲載のうえ、ご連絡をさせていただきます。チケット代金につきましてはPeatixを通して全額払い戻しされます。
お申し込み セミナーページ(Peatix)よりお願いします。
主催 株式会社コンセント
本セミナーに関する
お問い合わせ先
コンセント サービスデザインセミナー事務局(service-design@concentinc.jp)までお願いいたします。
チケットシステム
(Peatix) に関する
お問い合わせ先
フリーダイヤル:0120-777-581 10:00~18:00 年中無休 (GW、年末年始は除く)
フォーム:http://help.peatix.com/customer/portal/emails/new/

[ プログラム(予定) ]

16:30
開場
17:00-19:00
講演 第1部 「サービスデザインの概要とヘルスセクターにおける背景」
スピーカー:赤羽 太郎 (株式会社コンセント サービスデザイナー)
第2部 「ヘルスセクターにおけるサービスデザインの実践ケーススタディ」
スピーカー:小山田 那由他(株式会社コンセント サービスデザイナー)
19:00-19:30
ディスカッション 「ヘルスセクターにおけるサービスデザイン活用の可能性」
19:30-20:30
懇親会 ※予定につき、タイトル等変更となる場合があります

スピーカープロフィール

赤羽 太郎(Taro Akabane)

株式会社コンセント サービスデザイナー

顧客視点での新規サービス事業開発や体験デザイン、またそれを生み出す組織やプロセスをつくるコンサルティングに従事。コンセントサービスデザインチームの大規模プロジェクトにおいて多数リードを務めている。UX/SD関連セミナー登壇や国内外でのService Design Networkの活動のほか、UX TokyoのRosenfeld MediaのUX関連書籍の翻訳チームにも参加。飛び込み営業が社会人としての原体験であるため、泥臭いプロセスもわりと得意である。HCD-Net 認定人間中心設計専門家。
<Service Design Park記事>
「はたらける美術館ではたらいて、サービスデザイン的に考察してみる」
「3時間でサービスデザイン:Adobe Design Jimoto @渋谷」

小山田 那由他(Nayuta Oyamada)

株式会社コンセント サービスデザイナー/アートディレクター

東京造形大学視覚伝達専攻卒。 デザイナーとしての経歴を生かし、デザイン思考、HCD(Human Centered Design)をベースに、サービスデザイナーとして企業の事業開発、新商品開発の支援を行う。 公共分野でのサービスデザインアプローチを研究・実践する「PUB.LAB.」を主宰。HCD-Net認定 人間中心設計専門家、HCD-Net 社会基盤SIG副主査。

  • AddThis
ページの先頭に戻る