ニュース

デジタルハリウッド×ハコスコが新規開講する「実写VR 講座」にて、渡邊徹が講師を担当

開講記念セミナーを3月9日に開催

人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社とVRサービスの開発・販売・運営等を行う株式会社ハコスコが2019年4月に新規開講予定の「実写VR講座」にて、コンセントの全天球映像作家「渡邊課」課長の渡邊徹が講師の一人を担当します。

本講座は、藤井直敬氏(株式会社ハコスコ 代表取締役/デジタルハリウッド大学院 専任教授)による全面監修のもと、「基礎編」3時間、「実践編」10時間の動画教材の形で開講されるものです。「実践編」には2019年春に新設予定の「Insta360認定(Insta360 Certificated)」対策講座を兼ねる内容が盛り込まれており、360度映像や実写VRの撮影、編集、配信、販売まですべての工程を一貫して学ぶことができるほか、180度映像についても解説がされ、受講者が商業実写VRの制作技法を習得できる内容が予定されています。

これまでにMVやアトラクション、企業PRなど幅広い分野で、ドローン、クレーン、水中などさまざまな撮影手法を用いながら、「映像の体験」の企画や実写VRコンテンツの撮影編集を手がけてきた渡邊は、「映像制作TIPSとエクストリーム映像撮影」の授業を担当する予定です。本講座の特徴の一つには藤井氏の全体監修をはじめとした「VR業界屈指の講師陣による指導」が挙げられており、渡邊のほか、染瀬直人氏(VRコンテンツクリエイター/映像作家/写真家)、登嶋健太氏(東京大学 先端科学技術研究センター 稲見・檜山研究室 学術支援専門職員)が講師を務めます。本講座の詳細については、デジタルハリウッド株式会社のプレスリリースをご参照ください。

なお、2019年3月9日には本講座の開講を記念した藤井直敬氏による特別セミナー「広がる実写VRの世界 After2019」がデジタルハリウッドSTUDIO渋谷で開催され、渡邊はパネリストの一人としてパネルディスカッションに登壇する予定です。



渡邊のプロフィール


渡邊 徹(Toru Watanabe)
全天球映像作家「渡邊課」課長
実写VR映像制作を専門に活動するチーム、全天球映像作家「渡邊課」(Concent, Inc.)。
「見回す必然」をテーマに、視聴者に没入感を伴った映像体験を企画し、撮影、制作を行う。テーマパークなどのアトラクション向け映像やドームへ投影するコンテンツも手がけ、Web動画としてミュージックビデオやコンサート収録も行う。そのほかにも、ドローンを使った空撮、水中での撮影、特撮やホラーなどを手がける。VRカメラ普及のために、全天球カメラを使った親子向け写真教室やVR映像制作のワークショップなども開催。
渡邊課の仕事紹介 https://watanabeka.persona.co/
渡邊課YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/watanabe-ka

ページの先頭に戻る