ニュース

「日本国際観光映像祭 バーチャルツーリズム部門第2回大会」にVR映像ソリューションを出展

神戸と東京で2024年5月16日(木)から2日間開催される「日本国際観光映像祭 バーチャルツーリズム部門第2回大会」に、コンセントがVR映像ソリューションで出展します。

⽇本国際観光映像祭は、UNWTO(国連世界観光機関)が認定する国際観光映像祭ネットワークCIFFTに加盟するアジア唯⼀の国際観光映像祭です。「バーチャルツーリズム部⾨」は、観光映像事業でのXR技術活⽤の⾼まりを受けて、2022年に⽇本国際観光映像祭の独⾃施策として設けられた表彰制度で、「バーチャルツーリズム」という新たな産業の発展のための議論を行う場として、2023年に第1回大会が開催されました。

今回はその第2回大会となります。観光におけるXR技術の活⽤形態として観光VRコンテンツの「作品」の在り⽅が大きなテーマに設定され、開会式や基調講演、セッションの他、エントリー映像作品の中からノミネートされた作品や特別作品の上映、XRやVRなどの最新技術のデモンストレーションが実施される予定です。

コンセントはサテライト会場(東京)となるXR Communication Hub「NEUU」で初日の5月16日(木)に出展し、「オンライン観光」「観光予習」をテーマに、VR映像ソリューションを中心とした展示・実演を行います。

VRゴーグルを介して実際に体験いただけるのは、2023年10月にコネキス株式会社から提供開始されたVRアプリケーション「POV tourism」の観光コンテンツ第一弾「Welcome to 奄美」です。コントローラーを使った直感的な操作で瞬時に自分の行きたい場所に移動し、上空や海中など自分の見たい視点を自在に切り替える「多視点VR映像体験」によって、緑豊かな森の中、流れ落ちる滝を遥か上空から眺めたり海中で鯨と並んで泳いだりといった、奄美大島の魅力が凝縮されたリアルかつ非日常的な体験を得られる内容となっています。

POV tourism イメージ画像

ブースではVR映像ソリューションの導入・活用以外にも、VRに関するコンサルティングやコンテンツ制作、レクチャー・講演などさまざまなご相談をお受けしておりますのでぜひお立ち寄りください。


「日本国際観光映像祭 バーチャルツーリズム部門第2回大会」開催概要

  • 会期:2024年5⽉16⽇(⽊)~17⽇(⾦)
  • 場所:
    • メイン会場:神⼾市⽴⻘少年科学館(バンドー神⼾⻘少年科学館)
    • サテライト会場: NEUU XR Communication Hub(東京都新宿区⻄新宿)
  • 公式サイト:https://jwtff-vt.com/jwtffvt/
ページの先頭に戻る