メディア掲載

Webメディア「ビジネス+ IT」に小山田那由他登壇のイベントレポートが掲載

「ITと経営の融合でビジネスの課題を解決する」をテーマにしたWebメディア「ビジネス+IT」に、コンセントのサービスデザイナーでアートディレクターの小山田那由他が登壇したイベント「Govtechカンファレンスジャパン2019」のレポートが掲載されています。

このイベントは、行政のデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進に向け、ユーザーにとって使いやすいサービスを構築する上での考え方などの理解浸透と、Govtechに関わる官民関係者のコミュニティ創出を目指して、経済産業省による主催で2019年1月16日(水)に開催されたものです。

本レポートでは、当日行われた「サービスデザイン」「サービス開発手法」「人材・チームビルディング」「自治体におけるテクノロジー活用事例」といった4つのテーマに関するパネルディスカッションの様子が紹介されています。

コンセントの小山田が登壇した最初のパネルディスカッション「ユーザー中心のサービスデザインとは」では、「行政におけるサービスデザイナーの参画のあるべき姿は?」「サービスデザインに今後、特に力を入れていくべき行政の領域は?」などのテーマについて、3名のパネリストのそれぞれのバックグラウンドが活かされた考えが紹介されました。サービスデザイナーとしてだけでなく人間中心設計の専門家でもある小山田は、これまでプロジェクトや主宰勉強会、研究開発活動の「PUB. LAB.」等で行政サービスや公共課題に取り組んできた経験をもとに、行政における「ユーザー」「サービスデザイン」の定義や、行政がサービスデザインを推進するにあたって今後の予測や課題など、自分の考えをお話ししました。ぜひご一読ください。