セミナー・イベント

開催日:2020.3.6(金)

Biz/Zine Academy「サービスデザインの現場から~サービスブループリントによる体験の実現・実装~」に赤羽太郎、岡本拓、長尾真実子が登壇

好評を受け、これまで数回開催している、Biz/Zine Academy「サービスデザインの現場から~カスタマージャーニーマップの役割とそのつくり方~」。そのシリーズセミナーとして、2020年3月6日に「サービスデザインの現場から~サービスブループリントによる体験の実現・実装~」の開催が決定。サービスデザイナーの赤羽太郎、岡本拓、長尾真実子の3名が登壇します。

顧客視点でサービスを提供できる組織にする「サービスブループリント」

ここ数年、顧客視点でサービスや事業を捉えることの重要性が高まっています。それに伴い、望ましい顧客体験を実現するためにデザイン思考などのマインドセットを持ち、カスタマージャーニーマップ、ペルソナ法など、顧客視点でビジネスや課題を捉える手法の活用は進んでいます。

顧客像をペルソナで捉え、顧客体験の文脈をカスタマージャーニーで可視化することはできた。そこから改善のアイデアも出た。次にすることは、「どう実行していくのか」ということです。実際にサービス・事業を実行に落とし込んでいくためには、自社組織の多様なステークホルダーとの組織間の壁を越えた連携が必要となってきます。また、近年のデジタル化やクラウド化の進む状況において、社外パートナーや、そこで提供されるシステムや、APIの利用が不可欠な場合も多くあります。

これらの組織や人々、システムとの連携をすることは、顧客の視点を捉えることとは違った困難さがあります。また、組織の連携や実装を重視するあまり、せっかく顧客中心の視点から生まれたアイデアや体験の構想が「インサイド-アウト(組織の内側からの)」の論理により吸収されてしまうことが多くあります。

サービスブループリントはこのような状況において特に活用すべきものです。

サービスブループリントの図

本講座では、講義形式とワークショップ形式の組み合わせでサービスブループリントの活用手法について学んでいただきます。講義ではサービスブループリントの生まれてきた背景、その活用のケーススタディなどをレクチャーします。その上で、ワークショップでは、実践的にサービスブループリントを活用するための課題を用意し、みなさんにサービスの分析から、組織を越えた連携遂行の設計をするまでの流れを体験していただきます。

本講座で身につくこと

  • サービスデザインについての基礎的な理解
  • サービスブループリントの概要
  • サービスブループリントの活用ケーススタディ
  • 顧客視点とビジネス視点双方からサービス設計を行う体験
  • チームで合意形成を行いながらプロジェクトを進める体験

本講座の受講対象者

  • 経営企画部門
  • 事業開発&研究開発部門
  • デザイン部門
  • デジタル部門

※本セミナーは2019年9月26日に開催されたものと同じ内容です。

[ 開催概要 ]

セミナータイトル サービスデザインの現場から~サービスブループリントによる体験の実現・実装~
日時 2020年3月6日(金) 10:00~18:00(9:40開場)
会場 株式会社翔泳社 1Fセミナールーム(東京都新宿区舟町5)
定員 20名
参加費 55,000円(税抜価格50,000円)
主催 株式会社翔泳社「Biz/Zine(ビズジン)」編集部
タイムテーブル等の詳細情報・
お申し込み
Biz/Zine Academyページにてご確認ください。
※お申し込みの前に、Biz/Zine Academyページに記載の留意事項をご確認お願いいたします。

スピーカープロフィール

赤羽 太郎(Taro Akabane)

株式会社コンセント デザインリード/サービスデザイナー

顔写真:画像:赤羽太郎のプロフィール写真

国際基督教大学教養学部人文科学科卒。顧客視点での新規サービス事業開発や体験デザイン、またそれを生み出す組織やプロセスを作るコンサルティングに従事。Service Design Div.の大規模プロジェクトにおいて多数リードを務めている。UX/SD 関連セミナー登壇や国内外でのService Design Networkの活動のほか、UX Tokyo の Rosenfeld Media の UX 関連書籍の翻訳チームにも参加。飛び込み営業が社会人としての原体験であるため、泥臭いプロセスもわりと得意である。Service Design Network Global Chapter Team。HCD-Net認定人間中心設計専門家。

岡本 拓(Taku Okamoto)

株式会社コンセント サービスデザイナー

顔写真:

近畿大学国際人文科学研究所 四谷アート・ステュディウム修了後、The Basel School of Design(スイス)にて修士課程修了。アムステルダムと香港にてビジュアルデザイナーとして勤務後、現在に至る。認定デザインスプリントマスター。

長尾 真実子(Mamiko Nagao)

株式会社コンセント サービスデザイナー

顔写真:

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科デザイン経営工学専攻博士前期課程修了(工学修士)。グローバルデザインプロジェクトの経験をもち、さまざまな文化・領域とのコラボレーションを通したデザインを学ぶ。グローバルデザイン戦略ファームを経て、2018年コンセントへ入社。コンセントではデザインアプローチによる事業/サービス開発の支援を行う。Service Design Network 日本支部の事務局としても活動。

ページの先頭に戻る