ニュース

ボンベイ・サファイア「ジントニック・アートグラス・コンペティション」の審査員に佐々木愛実が就任

バカルディ ジャパン株式会社が輸入し、サッポロビール株式会社が販売するプレミアムジン、ボンベイ・サファイアが開催する「Gin & Tonic Art Glass Competition:ジントニック・アートグラス・コンペティション」に、コンセントのクリエイティブディレクターでデザイナーの佐々木愛実が審査員として就任しています。

本コンペティションは、ボンベイ・サファイアのブランドコンセプトである「かきたてる好奇心」をテーマに、アーティスト、イラストレータ、デザイナーなどさまざまなジャンルのクリエイター向けにボンベイ・サファイア ジントニック特製グラスのデザイン&アートワークを広く一般公募するものです。応募された作品の中から特別審査員による審査、一般投票を経て2022年1月に3作品のグランプリ作品が決定。グランプリの3作品は、実際にグラスとして製品化されます。

アーティストとしても活動するコンセントの佐々木は、ケンモチヒデフミ氏、遠山正道氏とともに特別審査員として就任。応募作品を三者多様な観点から審査します。また、本コンペティションにはMIDORI.so、BnA株式会社、vision track inc.、株式会社The Chain Museumなど、さまざまなジャンルのクリエイターコミュニティが多数参加する予定です。

ボンベイ・サファイア「ジントニック・アートグラス・コンペティション」

【応募期間】
デザイン募集:2021年7月6日(火)〜 2021年8月31日(火)まで
一般投票:2021年10月1日(金)〜2022年1月21日(金)まで

【キャンペーンサイト】
特設ウェブサイト「BOMBAY SAPPHIRE Gin & Tonic Art Glass Competition」

プロフィール

佐々木 愛実(SASAKI Manami)

株式会社コンセント クリエイティブディレクター/デザイナー

顔写真:

武蔵野美術大学卒業。アーティスト、デザイナーとして活動。 「朝食で感受の扉をひらく」をミッションに、青果物の美しさを「発見、表現、消化、共生」のルーティンに込める朝食習慣が国内外で話題となり、ABC News、The New York Times、VOGUE、ELLE、designboom、NHK、SBSNewsなどのさまざまなメディアで取り上げられる。
株式会社コンセントでデザイナーとして勤務。動画ディレクション、ウェブデザイン、エディトリアルデザイン、SNSプランニング、イベント運営を務める。
昨今はデジタルコミュニケーションにおけるメッセージングとユーザー行動を研究し、独自の発想で「ユーザー行動につながるSNS施策」を提案。ユーザーと企業を繋ぐコミュニケーション全体を鳥瞰的な視座で捉え、幅広い媒体でデザインに取り組む。

ページの先頭に戻る