セミナー・イベント

開催日:2019.2.27(水)終了しました

信州リビング・ラボ事業のイベント「食物繊維が豊富なもち麦を食べて、美容と健康に」に大崎優、高橋裕子が登壇

信州リビング・ラボ事業の一環として、2019年2月27日に長野で開催される第5回健康生活の達人教室「食物繊維が豊富なもち麦を食べて、美容と健康に」に、コンセントの取締役でサービスデザイナーの大崎優とコンテンツディレクターの高橋裕子が登壇します。

信州リビング・ラボ事業は、「信州をフィールドとし、産学官民との連携により新しい産業の創出や、今よりもっと暮らしやすく、健康的な生活の想像を目指す取り組み」です。そのプロジェクトの1つに「健康生活の達人教室」があり、農林水産省による健康な食生活を支える地域・産業づくり推進事業の一環として2017年3月にスタートしたもので、今回のイベントはその5回目の開催となります。当日は「もち麦のがっこう」として、長野県が県産食材としての普及を目指すもち麦にまつわるトークが4限目まで開講され、放課後には試食とレシピの配布を行う「もち麦体験」が予定されています。

大崎と高橋は3限目「もち麦(大麦)と生活者をつなぐ〜はくばくウェブサイト『おいしい大麦研究所』からみた視線〜」と題したトークセッションに登壇。食品メーカーの株式会社はくばく様と共同で進めた、オウンドメディア「おいしい大麦研究所」サイト立ち上げについて、生活者視点での理解と共感を基軸にどのような役割として本サイトの制作をし、ブランディングを行ったかについてご紹介する予定です。また、4限目の「もち麦をもっと沢山の地域の人に…。」では、料理家の横山タカ子氏と対談します。

[ 開催概要 ]

イベント名称 第5回健康生活の達人教室「食物繊維が豊富なもち麦を食べて、美容と健康に」
日時 2019年2月27日(水)17:45〜19:30
会場 MIDORI長野3F りんごのひろば(長野県長野市南千歳1-22-6)
定員 50名程度
参加費 無料
主催 長野県次世代ヘルスケア産業協議会信州大学 医学部保健学科信州大学 学術研究・産学官連携推進機構 信州リビング・ラボ事業
詳細・お申し込み 公式イベントページにてご確認をお願いいたします

スピーカープロフィール

大崎 優(Yu Osaki)

株式会社コンセント 取締役/サービスデザイナー

顔写真:大崎 優

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、2012年にコンセントにてサービスデザイン事業部を立ち上げる。サービスデザイン人材の育成のほか、サービスデザイナーとして、新規事業開発支援、製品・サービスのデザイン、開発フロー構築支援、ブランディング支援などを行う。

高橋 裕子(Yuko Takahashi)

株式会社コンセント コンテンツディレクター

顔写真:

紙媒体やWebのコンテンツ企画から編集、ディレクションまで行う。送り手の伝えたいこと、受け手の知りたいことを踏まえ、それぞれの媒体特性を活かしてコンテンツ戦略を立案。さまざまなメディア、ツールの制作を手がけている。

ページの先頭に戻る