セミナー・イベント

開催日:2023.2.9(木)

「デジタルスキル標準(DSS)紹介ウェビナー」に長谷川敦士が登壇

独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)が2023年2月9日(木)に主催する「デジタルスキル標準(DSS)紹介ウェビナー」に、コンセントの代表取締役社長の長谷川敦士が登壇します。

「デジタルスキル標準(DSS)」は、DXに必要となるスキルを総合的に参照できる資料です。日本企業においてDXの取り組みが加速する一方で課題となっている人材不足を背景に、DXに必要となる人材のスキル強化を目指し、その支援に向けて2022年12月21日に経済産業省とIPAにより公開されました。全てのビジネスパーソンが身につけるべき能力・スキルの標準である「DXリテラシー標準(DSS-L)」と、DXを推進する人材の役割や習得すべきスキルの標準「DX推進スキル標準(DSS-P)」の2つにより構成されています。

経済産業省、IPA公開資料「デジタルスキル標準 ver.1.0」

今回開催されるウェビナーは、DXを推進する立場の人材に向けたスキル標準である「DX推進スキル標準(DSS-P)」の方に焦点を当てて紹介する内容です。策定にあたり設置された5つの人材類型ごとの有識者ワーキンググループ(WG)の主査や委員の方によるパネルディスカッションが予定されており、デザイナー検討WGの主査を務めたコンセントの長谷川はパネラーの一人として登壇します。

[ 開催概要 ]

イベント名称 デジタルスキル標準(DSS)紹介ウェビナー
日時 2023年2月9日(木)15:30~17:00
形式 オンライン(Zoom Webinars)
定員 1,000名
参加費 無料
募集対象 経営層、人事担当者、 DX推進担当者、その他IT従事者 等
主催 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
詳細・お申し込み IPAサイト内のセミナー情報ページにてご確認をお願いいたします。

スピーカープロフィール

長谷川敦士(HASEGAWA Atsushi)

株式会社コンセント 代表取締役社長/サービスデザイナー/インフォメーションアーキテクト

顔写真:長谷川敦士のプロフィール写真

2002年に株式会社コンセントを設立。企業ウェブサイトの設計やサービス開発などを通じ、デザインの社会活用、デザイン自体の可能性の探索とともに、企業や行政でのデザイン教育の研究と実践を行う。
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。Service Design Network日本支部共同代表。特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構副理事長。2019年より武蔵野美術大学造形構想学部教授。経済産業省「高度デザイン人材育成研究会」や経済産業省・IPA「DX推進スキル標準」策定有識者ワーキンググループ、経済産業省 特許庁「I-OPEN プロジェクト 22」をはじめとした各種委員等を務める。
『デザイン組織のつくりかた – デザイン思考を駆動させるインハウスチームの構築&運用ガイド』(ビー・エヌ・エヌ刊)をはじめ著書・監修・監訳書多数。

ページの先頭に戻る