ニュース

「山形エクセレントデザイン2021」の審査委員長に長谷川敦士が就任

山形県内で企画・開発・生産されている製品を対象に、優れたデザインについて選定・顕彰を行う
「山形エクセレントデザイン2021」の審査委員長に、コンセントの代表取締役社長/武蔵野美術大学教授の長谷川敦士が就任しました。

「山形エクセレントデザイン」は、魅力的で競争力の強い商品づくりとデザインマインドの向上を目指す事業として、山形県が行っているデザインコンペティションです。

応募を入口に受賞企業、奨励企業、応募企業ごとに、山形エクセレントデザインマークの使用や各種イベント・媒体での露出、販路開拓支援など、製品やサービスをレベルアップできる仕組みがあり、コンペティション後も商品のさまざまな可能性が拓かれています。

審査会は2021年10月11日(月)に行われ、11月上旬の結果通知を経て、12月上旬に表彰式が開催される予定です。なお10月12日(火)から13日(水)までの期間、山形県工業技術センター講堂にて、応募作品の一般公開(希望者のみ)も予定されています。

「山形エクセレントデザイン2021」概要

【応募期間】
2021年7月20日(火)~2021年9月10日(金)

【審査委員】
審査委員長

  • 長谷川 敦士(株式会社コンセント 代表/武蔵野美術大学 教授)


審査委員 ※敬称略

  • 宇南山 加子(株式会社SyuRo 代表)
  • 酒井 聡(東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科 教授)
  • 原田 祐馬(UMA/design farm 代表)
  • 吉泉 聡(TAKT PROJECT 株式会社 代表/デザイナー)


【主催】山形デザインコンペティション実行委員会

【公式サイト】
山形エクセレントデザイン公式サイト
山形エクセレントデザイン2021募集について

プロフィール

長谷川 敦士(HASEGAWA Atsushi)

株式会社コンセント代表取締役社長/武蔵野美術大学 大学院造形構想学科教授

顔写真:長谷川敦士のプロフィール写真

「わかりやすさのデザイン」であるインフォメーションアーキテクチャ分野の第一人者。2002年に株式会社コンセントを設立。企業ウェブサイトの設計やサービス開発などを通じ、デザインの社会活用、デザイン自体の可能性の探索とともに、企業や行政でのデザイン教育の研究と実践を行う。経済産業省「高度デザイン人材育成研究会」、政府CIO「デジタル・ガバメント技術検討会議」デザインタスクフォース、文部科学省「中央教育審議会 臨時委員(生涯学習分科会)」をはじめとした各種委員や革新的イノベーション創出プログラムビジョナリーメンバー等を務める。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。Service Design Network 日本支部共同代表。人間中心設計推進機構(HCD-Net)副理事長。

ページの先頭に戻る