セミナー・イベント

開催日:2021.9.18(土), 2021.9.19(日)終了しました

シビックテックの祭典「Code for Japan Summit 2021 Online with東北」に長谷川敦士が登壇

2021年9月18日(土)と19日(日)に開催される国内最大級のシビックテックの祭典「Code for Japan Summit 2021 Online with東北」(主催:一般社団法人コード・フォー・ジャパン)に、コンセントの代表取締役社長の長谷川敦士が登壇します。

「Code for Japan Summit」は、「他の地域の活動を知り、仲間とつながり、次の一歩を踏み出すため」、年に1度開催されているイベントです。東日本大震災を背景に、自分たちで何ができるのか、テクノロジーで何ができるのかを考えた中から、日本のシビックテックが生まれて10年目となる今年のテーマは「Rebirth(再生)」。2日間にわたりさまざまなセッションが予定されています。

長谷川は、共同代表を務めるService Design Network Japanのタスクフォース「行政とサービスデザイン」の中で開発した、自治体へのサービスデザイン導入のためのプレイブックについて、タスクフォースメンバーの方々とともにお話しする予定です。

長谷川の登壇概要

日時:2021年9月18日(土) 16:30〜17:20

【講演タイトル】
トラック2 「行政サービスデザイン実践のためのプレイブックについて」

【内容】
Service Design Network Japanというサービスデザインコミュニティの中で「行政とサービスデザイン」というタスクフォースが今年立ち上がりました。今年度公開された自治体DX推進手順書にも記載されているサービスデザインという用語ですが、なかなか掴み所がなく、何から始めるのがよいかわからないという声を聞きます。今回、タスクフォースのメンバーで「行政とサービスデザイン」のはじめの一歩として使えるようなプレイブックを開発中です。Code for Japanサミットではプレイブック開発の背景や、今後の展開についてお話しさせていただこうと思います。

【登壇者】

  • 長谷川敦士(株式会社コンセント代表取締役社長/武蔵野美術大学 大学院造形構想学科教授)
  • 市川英子 氏(Fjord, Design and Innovation from Accenture Interactive)
  • 白澤洋一 氏(ソシオメディア株式会社)
  • 山岸智子 氏(株式会社インフォバーン IDL)
  • 砂川洋輝 氏(一般社団法人コード・フォー・ジャパン)

[ 開催概要 ]

イベント名称 Code for Japan Summit 2021 Online with東北
日時 2021年9月18日(土)~19日(日)13:00〜18:00
会場 オンライン
参加予定人数 2,000名
参加費 無料
主催 一般社団法人コード・フォー・ジャパン
共催 Code for Shiogama、CODE for AIZU、Code for Akita、CODE FOR FUKUSHIMA、Code for IWATE、Code for SENDAI、Code for Yamagata
詳細・お申し込み 「Code for Japan Summit 2021Online with東北」公式サイトにてご確認をお願いいたします。

スピーカープロフィール

長谷川 敦士(HASEGAWA Atsushi)

株式会社コンセント 代表取締役社長/武蔵野美術大学 大学院造形構想学科教授

顔写真:長谷川敦士のプロフィール写真

「わかりやすさのデザイン」であるインフォメーションアーキテクチャ分野の第一人者。2002年に株式会社コンセントを設立。企業ウェブサイトの設計やサービス開発などを通じ、デザインの社会活用、デザイン自体の可能性の探索とともに、企業や行政でのデザイン教育の研究と実践を行う。経済産業省「高度デザイン人材育成研究会」、政府CIO「デジタル・ガバメント技術検討会議」デザインタスクフォース、文部科学省「中央教育審議会 臨時委員(生涯学習分科会)」をはじめとした各種委員や革新的イノベーション創出プログラムビジョナリーメンバー等を務める。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。Service Design Network 日本支部共同代表。人間中心設計推進機構(HCD-Net)副理事長。

ページの先頭に戻る