セミナー・イベント

開催期間:2022.12.9(金)〜 2022.12.10(土)

デザインフェスティバル「Spectrum Tokyo Design Fest 2022」のセッションスピーカーに渡邊徹が選出されました

2022年12月9日(金)、10日(土)の2日間にわたって開催されるデザインフェスティバル「Spectrum Tokyo Design Fest 2022」のセッションスピーカーの一人に、コンセントのクリエイティブディレクター/VRディレクターの渡邊徹が選出されました。

「Spectrum Tokyo Design Fest 2022」はデザインの多様性をテーマに掲げるコミュニティプラットフォーム「Spectrum Tokyo」が開催するデザインフェスティバルです。広義なデザインにまつわるさまざまなトークやワークショップがマルチトラックで行われ、領域・職種・国籍問わずデザインの実践者と出会い、議論し、繋がれる場として、東京会場とオンラインどちらからも参加可能なハイブリッド開催が予定されています。

コンセントの渡邊は、「VRのデザイン ユーザーを能動的にするには」というセッションタイトルで、これまで200本以上のVR作品を制作してきた知見を元に、VR映像コンテンツを能動的な体験として昇華させる仕組みづくりについてお話しする予定です。

渡邊のセッション概要

日時:2022年12月9日(金)11:00〜11:30

【タイトル】

VRのデザイン ユーザーを能動的にするには

【内容】

VRは能動メディアです。VRの体験の中で受動的になっていると意味はありません。いかに視聴者を能動的にするか?というところが勝負ポイントとなります。キーワードは、ロールとミッションです。そのユーザーが何者であり、そしてその世界においての役割を理解したときに初めて能動的になります。過去200本以上のVRの映像制作を通じて得られた「いかに人を能動的にさせ、その世界に没入させるか」についての仕組みを、実例を紹介しながら分解してお話しできればと思います。

[ 開催概要 ]

イベント名称 Spectrum Tokyo Design Fest 2022
日時 2022年12月9日(金)10:00〜18:30
2022年12月10日(土)10:00〜18:30
会場 合同会社DMM.com(東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー24階
またはオンライン

※オンラインはトーク視聴のみ、ワークショップはご参加いただけません
※COVID-19や災害、その他社会状況によっては全オンライン化される可能性があります

参加費 会場参加 – 2 Day Ticket:10,000円
会場参加 – Day 1のみ:6,000円
会場参加 – Day 2のみ:6,000円
オンライン参加 -2 Day Ticket:5,000円
オンライン参加- Day 1のみ:3,000円
オンライン参加- Day 2のみ:3,000円
会場参加 – Supporter’s Ticket:30,000円
オンライン参加 – Supporter’s Ticket:10,000円
主催 Spectrum Tokyo
詳細・お申し込み 公式イベントページにてご確認をお願いいたします。

スピーカープロフィール

渡邊 徹(WATANABE Toru)

株式会社コンセント クリエイティブディレクター/VRディレクター

顔写真:渡邊徹のプロフィール写真

実写VR映像制作を専門に活動するチーム、全天球映像作家 渡邊課(Concent, Inc.)。「見回す必然」をテーマに、視聴者に没入感を伴った映像体験を企画し、撮影、制作を行う。VR映画、テーマパークなどのアトラクション向け映像、ミュージックビデオやライブ、ドローンを使った空撮、水中での撮影、特撮やホラーなどを駆使しVR体験の可能性を探求している。
新しい映像体験を創出する、コンセント「渡邊課」について

ページの先頭に戻る