エムディエヌコーポレーション   書籍『I LOVE 盆栽』

盆栽の新たな楽しみ方を、
現代的なビジュアルで提案

株式会社エムディエヌコーポレーション様(以下、MdN)から出版された『I LOVE 盆栽』の書籍デザインを担当しました。最近一部で注目されているミニ盆栽をテーマにしたビジュアルブックで、書籍の発売と同時に本の内容を実体験できるイベントもコンセントと著者で企画・実施しました。

  • 雑誌/ムック/書籍
  • クリエイティブ開発

[ プロジェクトのポイント ]

  • 明るく、楽しく、カジュアルなイメージで盆栽の新しい魅力を表現
  • 各章ごとにそれぞれの盆栽の個性を際立たせる撮影ディレクション
  • 本の内容を体験できるリアルイベントの企画・実施

提示された課題

MdNからは、これまでにないまったく新しい盆栽のビジュアルブックをつくりたい、盆栽に接点がなかった人たちにも興味をもってもらえるような魅力的な内容にしたい、という依頼をいただきました。

問題解決までのアプローチ

「年配の方が愉しむもの」というイメージが強い盆栽ですが、著者やMdNは盆栽の新しい楽しみ方を提案したいという構想をもっていました。そこでデザイン面では、現代的・洋風なビジュアルで明るく楽しい印象にすることで、若い人にも興味をもってもらうという方針を定めました。
さらにコンセントからは、「盆栽の新たな魅力を人に知ってもらうには、実際に盆栽を“体験”してもらうのが良いのでは」とご提案し、コンセントが運営している「amu」というイベントスペースにて出版記念イベントも開催しました。イベントは本の内容を実体験できるプログラム(ワークショップ、物販販売など)を用意し、子供から大人まで多くの方に来場いただいて、大盛況に終わりました。

クリエイティブのポイント

「新しさ」を直感的に伝えるために、例えば表紙は洋書のような印象をもたせるなど、いわゆるステレオタイプな「日本文化の本」然としたデザインを避けるアプローチをとっています。また、盆栽のさまざまな表情を引き出すために、誌面の構成や撮影する際の演出を変更し、それぞれの章の世界観を際立たせています。また、本書の一部で「豆盆栽」という手のひらサイズの盆栽も扱っているため、それぞれの盆栽のスケール感にも気を配りました。

プロジェクトの体制

  • アートディレクター:1名
  • デザイナー:2名

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 株式会社エムディエヌコーポレーション様
URL https://www.mdn.co.jp/di/book/3217303008/
公開日/発行日 2017/09/13

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る