大和   法人向け事業『antina for business』立ち上げ支援

ギフトをビジネスシーンに。
新たなブランドイメージを共に創出

株式会社大和様(以下、大和)の、ビジネスシーンにフォーカスした法人向けギフトカタログサービス立ち上げにあたって、ブランディング、ロゴ制作、Webサイト構築、ブランドブック制作をコンセントが担当しました。

  • Webサイト/Webサービス
  • ブランディング支援
  • クリエイティブ開発
  • カタログ

[ プロジェクトのポイント ]

  • ターゲット像と利用シーンから、ブランディングの方向性を先鋭化
  • ロゴをはじめとするサービス全体の制作物を一貫したブランドイメージで制作
  • 信頼感を大切にしたフォーマル・高品質なデザインでビジネスユーザーにアピール

提示された課題

コンセントは2009年より長期にわたって、大和のカタログギフト制作を担当しています。制作に長年かかわってきた経緯から、大和のカタログギフトビジネスを法人向けにフォーカスした事業を立ち上げるにあたって、立ち上げから実際の制作物のデザインディレクションまで、一貫した強いコンセプト作りをする必要がありました。

問題解決までのアプローチ

ご担当者へのヒアリングやワークショップ等で3ヵ月近く議論を重ね、ネーミングや世界観を練り上げていきました。一口に法人向けギフトと言っても、ギフトが贈られるシーンは様々。どんなターゲットに絞り、その活用シーンとしてはどんな場面が考えられるかを起点に、具体的な企画案まで落として考えながらイメージを詰めていきました。
最終的には、大和様が運営しているギフトブランド『antina gift studio』のビジネス版『antina for BUSINESS』を立ち上げ、ロゴ、Webサイト、ブランドブックを制作することになりました。ブランドブックは主に法人営業で活用しつつ、社内にこのブランドを認知してもらうインナーツールとしての目的も果たしました。
また、ビジネスの贈答品としてよく利用されるフラワーギフトサービスは、関連会社のkusakanmuriからも提供しています。

クリエイティブのポイント

ビジネスシーンでの活用を目的としたサービスのため、まずは信頼感を重視し、フォーマルで高品質な世界観でロゴマークやWebサイト、ブランドブックのデザインを展開しました。撮影ディレクションにおいても、「購入のための説明」ではなく「世界観の醸成」を目的とし、色味にこだわった重厚感のある写真に仕上げています。

プロジェクトの体制

  • スーパーバイザー:1名
  • クリエイティブディレクター/アートディレクター(紙):1名
  • アートディレクター(web):1名
  • ディレクター:1名
  • コンテンツディレクター:1名
  • デザイナー:4名
  • 撮影コーディネーター:1名

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 株式会社大和様
URL https://antina.biz/
公開日/発行日 2016/10/31

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る