「業界未経験者必見!現役クリエイターが語るWeb業界“あるある”」レポート

  • AddThis
  • 岩楯ユカ広報

こんにちは。広報担当の岩楯です。
コンセントのディレクターの山道が登壇した、2017年10月22日開催のデジタルハリウッドSTUDIOさんでのイベントについてレポートします。

イベントのゴール設定

デジタルハリウッドSTUDIOさんは、Webとネット動画について学べるラーニングスタジオです。今回のイベントは、その本校のデジタルハリウッドSTUDIO渋谷で開催されました。

2017年4月に渋谷にオープンしたばかりの複合施設「SHIBUYA CAST.」内にあるデジタルハリウッドSTUDIO渋谷。スタジオのようなクール感もありつつ、ウッディーで緑も感じられ、リラックスして学べそうなスペースでした。

このイベントは「業界未経験者必見!現役クリエイターが語るWeb業界“あるある”」というタイトルの通り、「業界未経験者の方」を対象に企画されたものです。

デジタルハリウッドSTUDIOさんには、現在は異なる業界で仕事をしながら、WebデザイナーやWebディレクターになることを目指して学んでいらっしゃる方も多いそうです。異業界への転職は、私も経験がありますが、必要な知識や技術を勉強したり業界をリサーチしたりしながらも「実際にはどんな仕事をどうやって進めているんだろう?」とか、「本当に自分がやりたいことなのかな?」とか、疑問や悩みはつきものだと思います。

そういった疑問や悩みを解決するヒントをつかんでいただいて少しでもバックアップできればと、山道はイベントのゴールを
「Web業界における自分の方向性や必要なスキルを理解し、ステップアップの土台をつくってもらうこと」
に設定しました。


会社の特徴を知る。自分が達成したいことを考える

新卒のときも、転職をするときも、会社選びは大切ですよね。
山道の講演では、会社選びの際には、

  • どんな仕事をしているか(=何をつくっているのか)
  • 特徴や強みはどこか

を知り、「自分のキャリアやスキルと合わせて判断すること」がポイントだとお話ししました。

コンセントの特徴として、プロジェクトの前提を把握し、“デザインで企業の課題を解決”すること、 “デザイン”を見た目の話だけではないと捉えていること、「ユーザー」「コンテキスト」「コンテンツ」から解となるデザインを導き出していること等をご紹介しましたが、会社によってその特徴は異なります。デザインを得意としていたり、アプリ開発や技術を得意としていたり。そうしたそれぞれの会社が目指す方向性を知り、「Webデザインやディレクションをやりたいと思っている自分は、Webをつくることを通して何を達成したいのか、キャリアを考えよう」ということを、メッセージとして参加者の方に伝えました。

好反響だった体制とスキルアップ例の紹介

掘り下げた質問をいただいたり、イベント終了後のアンケートで「わかりやすかった/参考になった」といった感想が多かったりしたのが、一例として紹介したプロジェクトの体制図やそれぞれの職種がもつスキル、さらに山道自身を例に挙げたキャリアアップの話でした。

プロジェクト規模や会社によりますが、コンセントの場合、Webプロジェクトは、デザイナーやディレクターのほか、フロントエンドテクノロジストやプログラマー、テクニカルディレクター、インフォメーションアーキテクト、アートディレクター、プロジェクトマネージャーなどさまざまな職種のメンバーで1つのチームを構成し、進めていきます。

それぞれなりたい職種に必要なスキルを身につけることはもちろんですが、「一緒にプロジェクトを行うメンバーのスキルを理解し合いコミュニケーションをとっていくことが必要」、とご紹介。さらに、「フロントエンドテクノロジスト」→「テクニカルディレクター」→「プロジェクトマネージャー」という自身の例をとりながらキャリアアップについての話が続けられました。

それぞれ専門的な知見から意見を出し合えば、なかには自分と異なる意見も当然あります。そうしたときに、ほかの職種に対しても広く興味をもって理解をしておくことで、意見が異なるという状況ではなく、その背景はなにかを知り本質的な議論につながったり、自分1人だけでは思いつかなかったアイデアにつながったり、さらには自分のキャリアについての興味も広がったり深まったりするのだと、山道の話を聞きながらあらためて思いました。

『あるあるWebマーケ』の著者が語る、仕事の“あるある”

最後に、仕事での「やりがい(楽しいところでもある)」と「つらいところ(大変なところでもある)」をご紹介しました。

これはコンセントのメンバーに共通するベースにある価値観ですが、「本質的な課題はなにか」と「それをどう解決するのか」をとことん追求する、ということがあります。山道はそれを「やりがい」の1つとして紹介。また、企業等の組織と直接の取引が多いため、「クライアントと対面で検討し協力して進めること」や「1つのクライアントに対して、かなり長く付き合い、共に歩めること」、さまざまな業界の企業の方と一緒にお仕事ができるので、「特定の業界にとどまらず、いろいろな分野を見て回れること」も挙げていました。

私も、広報担当になる前は、プロジェクトマネージャーやコンテンツディレクターとして、さまざまな企業の方とのプロジェクトを担当していたので、クライアントが属する業界について調べたり、ときには展示会にもお邪魔させていただいたりしながら、課題やゴールを共有し、解決を目指して一緒に進んでいくことにやりがいを感じていたことを思い出しました。

徹底的に本質に踏み込んでいくコンセントだからこそ大変なところもあるとしながら、それでも

  • 想像以上にいろいろな人との接点ができること
  • (企業にとっての)課題をクリアしたときの達成感
  • 世の中に“つくったもの”が認知されるということの喜び

を伝え、「さまざまな人と一緒にやっていくことが好きなら、Web業界は合っているしどんどん成長できると思う」という言葉で山道は講演を締めくくりました。

最後に、参加いただいた方からの感想を一部ご紹介します。

「いろんな職種(のこと)を聞けてよかったです」
「実際の制作会社のしくみであったり、やりがいや大変さを聞いて、今後の自分の転職についてイメージしやすくなった」
「本講座をふまえて、自分がなりたい姿と転職先との相性を検討したいと思った」

(アンケート回答からの抜粋)

開催当日は、何十年に一度という大型台風の接近で朝から大雨。それにもかかわらず、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

本記事は、コンセントが運営するオウンドメディア「サストコ」にも掲載しています。
http://sustoco.concentinc.jp/from-editors/2017/11/digital-hollywood-event-1022/

[ 執筆者 ]

  • AddThis

コンセントは、企業と伴走し活動を支えるデザイン会社です。
事業開発やコーポレートコミュニケーション支援、クリエイティブ開発を、戦略から実行まで一貫してお手伝いします。

ページの先頭に戻る