ニュース

社会にデザイン力を還元するための組織「Design Leadership」部門を設立

〜「デザイン経営」時代に必要とされる「高度デザイン人材」を柔軟に供給 デザイナーの新しい在り方を提案〜

豊富なデザイン人材を擁するデザイン会社コンセント(本社:東京都渋谷区、代表:長谷川敦士)は、企業のCEOのクリエイティブ面での参謀として、組織のCDOの影武者として、あるいは社会をデザインで変革する推進者として振る舞うことができるメンバーを揃えた「Design Leadership(デザインリーダーシップ)」部門を設立しました。

2018年に経済産業省・特許庁より発表された「デザイン経営宣言」。
一部企業のなかにはCDO(チーフデザインオフィサー)を導入したり、デザイン部門(サービスデザイン、カスタマー・エクスペリエンス部門等)をもつことでデザインインパクトを創出しようとしている企業も出てきています。

しかし、デザイン経営を実践するにあたり、デザインを基軸に事業課題を創造的に解決できる「高度デザイン人材」に該当する人材を企業側で確保したり、短期間で育成することは容易ではありません。また、不確定要素が多く複雑化している現代、企業が抱える事業・経営課題はスタート時点からやるべきことが確定するほどシンプルではないため、その切り出し方も難しく、外部リソースに頼ろうにも一筋縄ではいかないケースが多くあります。

そこでコンセントでは、デザイナーがデザイン能力を軸にリーダーシップを発揮し、社会のなかで流動性の高いデザインリソースとして振る舞うことができるよう、ある種属人的で、独立性、経験値、管理能力の高い精鋭メンバーで構成する「Design Leadership」を設立しました。

この「Design Leadership(デザイン・リーダーシップ)」とは、部門名であり役職であり概念でもあります。

今回設立した「Design Leadership」は、動き方の柔軟性を高めるため、通常の社員のマネジメントラインからの独立性を確保。企業からのデザインパートナーとしてのニーズや時代の要請に迅速に応えていきます。

まもなく創業50年を迎える、日本を代表するデザイン会社の一つとして、デザインで社会に貢献すること、デザインという領域を健全に維持し発展させていくことはコンセントの使命。

本部門の責任者は、コンセントの代表取締役社長、そして武蔵野美術大学造形構想学部および大学院造形構想研究科の教授として、企業や行政の事業やサービス設計、実践のための組織づくりや人材育成に取り組んできた長谷川敦士です。

Design Leadershipを備えたコンセントは、これからも、社会の変化に伴う企業側の変革に対し高度なデザインリソースを提供しながら、デザイナーの新しいキャリアパス、働き方も提案してまいります。

【Design Leadership詳細について】        
デザインパートナーとしてコンセントのDesign Leadership部門へ関心がある方は、こちらより直接お問い合わせください
https://www.concentinc.jp/contact/

[ 本リリースに関するお問い合わせ先 ]

株式会社コンセント
マーケティング部 PR担当:岩楯ユカ(いわだて ゆか)、関本あやか(せきもと あやか)、河内尚子(かわち なおこ)

TEL: 03-5725-8201  E-mail:mktg@concentinc.jp

[ 株式会社コンセントについて ]

株式会社コンセントは、「デザインで社会をひらき、デザイン自体の可能性もひらいていく」をミッションに、企業と伴走し活動を支える日本最大規模のデザイン会社です。 1971年の創業以来培ってきた、エディトリアルデザイン、情報アーキテクチャ、ユーザー体験デザイン、サービスデザインなどのデザイン領域の専門的知見やアプローチと、多数在籍するHCD-Net認定専門家の知見を活かした人間中心設計(HCD)プロセスを活用し、企業などの組織を対象に、広報やマーケティング、ブランディングにおける組織コミュニケーションやクリエイティブ開発、事業開発・組織開発へのデザイン思考の導入などの幅広い分野で支援をしています。

ページの先頭に戻る