ニュース

成女高等学校「表現プログラム」に新規開講される、デザインクラスの授業プログラムをコンセントで開発。高石有美子がメイン講師を、筒井美希が監修を担当

成女高等学校(以下、成女)の令和4年度「表現プログラム」の選択授業として、2022年4月に新規開講されたデザインクラスのプログラムをコンセントで開発、授業を開始しました。メイン講師はアートディレクターの高石有美子が、クラス監修はクリエイティブディレクターの筒井美希が務めています。

成女の「表現プログラム」は、令和2年度(2020年度)に開始された学校設定科目(※1)です。「社会に出たときに必要な力を高校時代から磨いていく」という考えに基づき、生徒たちの自己表現力の開発を目指して、年間を通し計7種のクラスが開講されています。各分野の専門講師による、成果につながる本格的なカリキュラムが展開されており、2月に開催されるパフォーマンスフェスティバルでは、生徒たちによる学びの集大成が発表されます。

今回、コンセントで開発を担当したデザインクラスは、この「表現プログラム」の選択授業の一つとして高校2年生と3年生を対象に新規開講されたものです。生徒たちが「自分自身や他者が伝えたいことが伝わるように、言葉とビジュアルを駆使して表現できる」ようになることを目指し、主に紙媒体の制作を通したデザインスキルの体得とともに、表現する楽しさと他者のために貢献することの喜びを体験してほしいと考え、授業内容を設計しています。授業は2022年4月から2023年2月にかけて、全17回(1回 50分x 2時限)実施予定です。

メイン講師を務める高石は、これまで培ってきたエディトリアルデザインやサービスデザインをはじめとした広いデザイン領域における専門的知見、企業研修やワークショップでのファシリテーション経験を生かして、生徒たちがデザインを学びやすい環境づくりや伝わりやすさを大切にして授業を行っていきます。

また本クラスの監修は、コンセントのクリエイティブディレクターで、『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』(エムディエヌコーポレーション刊)の著者でもある筒井美希が務めています。

コンセントでは、ひとりひとりがデザインの視点を身につけて実践し、社会課題の解決にもつなげていく「Design by People」の時代の実現に向け取り組んでいます。豊かな表現力を高めることを高校生が社会に出たときに必要となる最重要課題と考えて表現プログラムを立ち上げ、より社会性の高い分野の強化のためデザインクラスを開講した成女とともに、今回の授業を通して、高校生の方々に社会への貢献につながるリアルなデザインの知を共有していきます。


※1「学校設定科目」とは、高等学校学習指導要領に定められている「専門教育に関する各教科」に属する科目以外の科目です。「地域、学校及び生徒の実態、学科の特色等に応じ、特色ある教育課程の編成に資する」よう、学校独自で設けることができます。名称、目標、内容、単位数等については、その科目の属する教科の目標に基づき、各学校で定めることができます(出典:文部科学省.「高等学校学習指導要領(平成11年3月告示、14年5月、15年4月、15年12月一部改正)」. 第1章 総則.(閲覧日:2022年4月21日)


[ 成女高等学校について ]

東京都新宿区にメインキャンパスを構える成女高等学校は、明治32年に建学された女子校です。「社会で活躍できる自律・自立した生徒の育成」を教育方針とし、「キャリア教育」「表現教育」「リーダー教育」の3つを教育指針として掲げています。


[ 株式会社コンセントについて ]

コンセントは「デザインでひらく、デザインをひらく」をミッションに、企業と伴走し活動を支えるデザイン会社です。
人間中心設計サイクルを生かし、サービスデザイン・顧客体験デザインを実践。企業や行政・教育機関などの組織を対象に、事業開発やデザイン経営支援、ブランディングやマーケティング支援、コミュニケーションデザイン支援やクリエイティブ開発などを行っています。また、誰もがデザインについて学べる「コンセントデザインスクール」の運営等を通して「リアルなデザインの知」を広く共有し、ひとりひとりがデザインの視点を身につけ、課題解決に生かせる社会となることを目指し活動しています。

講師プロフィール

高石 有美子(TAKAISHI Yumiko)

株式会社コンセント アートディレクター/サービスデザイナー

顔写真:高石有美子プロフィール写真

早稲田大学第一文学部卒業後、コンセントに入社。エディトリアルデザイナーとして雑誌・ギフトカタログ・教科書等、多岐にわたる媒体を手がけたのち、サービスデザイナーに転身。リサーチやワークショップ等を実施しながら、さまざまな事業開発支援プロジェクトに携わる。現在は、組織や商品・サービスがもつ価値の分析・言語化から、ロゴ・ウェブサイト・パッケージデザインなどのクリエイティブまでをつなぐような「ブランディング」の実践に力を入れている。中高生二児の母。

監修者プロフィール

筒井 美希(TSUTSUI Miki)

株式会社コンセント クリエイティブディレクター

顔写真:筒井美希プロフィール写真

武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、コンセントに入社。企業のサービス開発やクリエイティブ開発、デザイン組織開発支援に従事。オンライン/オフラインを問わず、さまざまなメディアを横断して展開するプロジェクトにおいて、デザインの軸をぶらさずユーザーの心を動かす世界観をつくることを得意としている。著書に企画編集からデザインまですべて自身で行った『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』(エムディエヌコーポレーション)がある。講演・ワークショップの実績多数。

ページの先頭に戻る