エキップ   athletia(アスレティア)ブランドサイト

サイトキャプチャ:制作したサイトのトップページのメインビジュアルとロゴ。

ブランドの世界観を見える化し
クリエイティブワークをリード

カネボウ化粧品の子会社である株式会社エキップ様(以下、エキップ)は、2020年2月、実に17年ぶりとなる新ブランドを立ち上げました。“Strengthen Yourself. - 美しさは鍛えられる - ”をコンセプトとしたスキンケア&ライフスタイルブランド「athletia(アスレティア)」。原材料や容器の環境への配慮、国際基準に基づいた自然由来指数の表記など、サステナビリティとグローバル展開を意識した同ブランドのWebサイト開発を手がけました。

  • Webサイト/Webサービス
  • ブランディング支援
  • クリエイティブ開発

[ プロジェクトのポイント ]

  • ブランドのクリエイティブ方針策定と並行したサイト立ち上げ
  • ムードボードを活用した世界観の共有
  • ブランドコンセプトに理解・共感を得るためのデザイン、動線設計
サイトキャプチャ(7枚中1枚目):制作したサイトのPC版のトップページ。
サイトキャプチャ(7枚中2枚目):制作したサイトのPC版のトップページのお知らせエリア。
サイトキャプチャ(7枚中3枚目):制作したサイトのスマートフォン版のトップページ。
サイトキャプチャ(7枚中4枚目):制作したサイトのabout usページ。アスレティアのブランドコンセプトやブランド名に込めた想いが語られている。
サイトキャプチャ(7枚中5枚目):制作したサイトのclean beautyページ。自然原料へのこだわりや環境への配慮について語られている。
サイトキャプチャ(7枚中6枚目):制作したサイトのproductsページ。商品ラインごとに商品が一覧できる。
サイトキャプチャ(7枚中7枚目):制作したサイトのspecial contentsページ。主幹商品の組み合わせについて説明している。

プロジェクトの背景

Webサイトはブランドイメージを決定づけるメディアです。そのため世界観やコンセプトを的確にユーザーに伝え、認知を拡大することが求められました。しかし、サイトローンチまでに時間的制約があり、ブランド全体のクリエイティブ方針が固まっていない状態で、サイトのデザイン検討を進める必要がありました。

問題解決までのアプローチ

デザインの方向性を決めるために、まずは関係者各自の頭の中にあるイメージの明示化に取り組みました。提示されたブランドコンセプトやキーワード、イメージ画像から“ムードボード”を作成し、サイトとして目指す世界観を見える化。誰の目にも明らかな形で世界観を丁寧にすり合わせ、方向性の食い違いを回避しました。

画像:写真やタイポグラフィなどでサイトの世界観を表現したムードボード。

クリエイティブのポイント

同時に、コンセプトに理解・共感が得られるようなコンテキストも強く意識し、ユーザーにブランドとしての考え方や、ものづくりへのこだわりを積極的に伝えられる動線を設計しました。

ブランドイメージの視覚化を大事にする一方で、コンポーネント指向による設計・デザインも重視することで、ローンチ後の運用しやすさも備えたサイトになっています。

サイトキャプチャ:制作したサイトのPC版のトップページ。メインビジュアルエリアにあるモデルの写真やスローガンのテキストが少しずつ重なるようにずらして配置され、動きのあるアクティブな印象を与えるようにレイアウトされている。その下に並ぶトピックスの掲載エリアも画像の大きさや配置にメリハリがでるように工夫してレイアウトされている。

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 株式会社エキップ 様
URL https://www.athletia-beauty.com/jp/ja/
公開日 2020年2月19日

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る