セミナー・イベント

開催日:2021.9.10(金)終了しました

JEMA重電意匠専門委員会 特別講演会「拡張するデザイン ~BtoB領域でのサービス開発~」に小山田那由他が登壇

2021年9月10日(金)に開催される一般社団法人 日本電機工業会(以下、JEMA)重電意匠専門委員会主催の特別講演会に、コンセントのサービスデザイナー/コンテンツデザイナーの小山田那由他が登壇します。

電機機器の製造業を取り巻く環境の変化に伴い、デザインに期待される役割も変化しています。本特別講演会は電気機器メーカーのデザイナーが自社の相対的な現在位置を把握し、自社事業へ応用できるようにする機会を提供する目的で開催されます。

コンセントの小山田は「拡張するデザイン~BtoB領域でのサービス開発~」と題し、BtoBのブランディングやプロモーション戦略、サービスを実現するためのデザインの方法について国内外の事例を交えて話題提供する予定です。

【こんな方におすすめ】

  • BtoBプロダクトの開発に関わるデザイナーやエンジニアの方
  • デザイン業務で新しい付加価値を出したい方
  • リサーチ、課題定義からプロダクト開発に関わっていきたい方
  • デザイナーやデザインを取り巻く環境について知りたい方

小山田の講演概要

日時:2021年9月10日(金)15:05〜16:05

【タイトル】
拡張するデザイン ~BtoB領域でのサービス開発~

【内容】
Part1:サービス化するプロダクト

  • モノ消費からコト消費、そしてプロダクトのサービス化へといたる変化
  • BtoBのブランディング、プロモーション戦略とは
  • サービスを実現するためのデザインの方法


Part2:国内外BtoBデザインの現在と今後

  • 今後のデザイン、デザイナーの役割、方向性
  • デザイン事例と実現したプロセス
  • デザインを拡張するためのアプローチ


※参加お申し込みの方に事前にアンケートを実施いたします。講演内容は事前アンケートの内容等を踏まえ、アップデートを予定しています。講演内容に関するリクエストや現在感じている課題など、ぜひご意見をお寄せください。


一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)は日本の電機産業の国際競争力を強化し、社会・生活インフラの改善と向上を図り、持続可能な世界の進展に貢献するために持続的発展のための施策立案・推進をはじめ、国レベルの技術研究開発への協力・支援、エネルギーの安定供給と利用の高度化、地球環境保全への対応、省エネルギーへの取組み、国際標準化・適合性評価活動、製品安全啓発等を推進する団体です。
重電意匠専門委員会は、JEMAに約440ある委員会の1つで、重電産業機器のプロダクトデザインや発電所の監視制御室のユニバーサルデザイン、UIデザインに関する業界規格・技術資料の発行等を通して、事業の進歩発展に取り組んでいます。
一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)公式サイト

[ 開催概要 ]

セミナー名称 重電意匠専門委員会 特別講演会「拡張するデザイン ~BtoB領域でのサービス開発~」 
日時 2021年9月10日(金)15:00〜17:00
会場 オンライン(Microsoft Teams)
参加費 無料
主催 一般社団法人日本電機工業会(JEMA)重電意匠専門委員会
詳細・お申し込み 重電意匠専門委員会 特別講演会お知らせページ(JEMAサイト内)にてご確認をお願いいたします。

※お申し込み締め切りは9月3日(金)です。JEMA会員に関わらず、どなたでも申し込み可能です。

スピーカープロフィール

小山田那由他 (OYAMADA Nayuta)

株式会社コンセント サービスデザイナー / コンテンツデザイナー

顔写真:小山田 那由他

HCD-Net認定 人間中心設計専門家。東京造形大学視覚伝達専攻卒。 デザイナーとしての経歴を生かし、デザイン思考、HCD(Human Centered Design)をベースに、サービスデザイナーとして企業・行政組織のサービス開発・改善支援を行う。 HCD-Net 社会基盤SIG主査。武蔵野美術大学ソーシャルクリエイティブ研究所 客員研究員。公共分野でのサービスデザインアプローチを研究・実践するコンセント「PUBLIC DESIGN LAB.」メンバーなど、デザインをひらく活動多数。
著作に『未来ビジネス図解 これからのデザイン思考』(MdN)。監訳に『Service Design Impact Report : Public Sector 日本語版』『Service Design Impact Report : Health Sector 日本語版』(いずれもService Design Network)。

ページの先頭に戻る