KDDI   映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」PR用VR制作

ジャンプ競技場で、これからスタートする競技者の視点の映像キャプチャ。雪が舞っている。

劇的な非日常を体験する
V Rコンテンツをデザイン

映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」とタイアップした、VRコンテンツを制作しました。構成からシナリオライティング、音声収録、撮影、編集までを担当しています。本コンテンツは、auブランドを展開するKDDI株式会社様のスマートフォンユーザー向けサービス「auスマートパスプレミアム」会員向けに配信しております。(2022年3月31日まで)

  • クリエイティブ開発
  • 映像

[ プロジェクトのポイント ]

  • 映画の内容とリンクし、心に残るコンテンツとなるよう構成
  • 構成・撮影・ディレクション・編集の一連のフローを担当

プロジェクトの背景

本コンテンツは長野五輪スキージャンプ競技の舞台裏を題材とした映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」のプロモーションとしてご相談をいただきました。映画の世界観を補填する内容にとどまらず、スキージャンプを体験できるコンテンツとして単体でも成立し、「auスマートパスプレミアム」会員向けに「auスマートパス」アプリ内で楽しんでいただけることを目指して制作しました。

写真:映画「ヒノマルソウル」ビジュアル広告

問題解決までのアプローチ

映画のテーマにも通底する「記録に残らない記憶」を叙情的に描くため、ただ単に「スキージャンプ体験をする」にとどまらない、ドラマティックな映像を制作することを意識しました。より臨場感をもたせるため、映像効果の編集を提案し、実際に長野五輪スキージャンプ代表であった原田雅彦氏にも取材を行っています。

写真:ジャンプ競技場の写真

クリエイティブのポイント

映画でも重要なファクターとなる猛吹雪の中でのジャンプシーン。その体験がクライマックスとなるように、映像を構成していきました。
スキージャンプという非日常的な体験、さらに映画ともリンクするストーリー、それらに没入できるように冒頭でグッと心をつかみ、視聴者の心情を盛り上げることを意識してコピーとシナリオを執筆しました。
体験の主軸となるジャンプシーンは、映画の撮影と同様にドローンを用いて迫力ある映像を収録しています。また、撮影時には晴天であった場面を映像効果にて補整し、映画内、ひいては長野五輪当時を思い起こさせる情景を表現しました。
映像に、よりドラマティックな質感をもたせられるよう、芯がある声質であること、読み上げる際に重厚感をつくり出せることを重視し、ネームバリューのある声優を起用し、ディレクションを行いました。堂々としたナレーションが、力強く、映像の世界へ視聴者を誘います。

写真:ジャンプシーンの映像キャプチャ。撮影時の晴天が写る。

晴天で撮影した補正前の情景。

写真:ジャンプシーンの映像キャプチャ。画像効果で雪を降らせている。

補正後の情景。映画内、長野五輪当時を思い起こさせる。

写真

ドローン撮影をモニターで確認する様子。

写真

上空から見たジャンプ台。

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 KDDI株式会社 様
公開日/発行日 2021/6/18

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る