NTTデータ   交通需要マネジメントサービス「SiFFT-TDM®」サービスコンセプト紹介映像制作

動画キャプチャの抜粋4点

新規サービスのコンセプトを具現化し、
ビジネスの浸透を支援

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ様(以下、NTTデータ)が地方自治体の交通課題を解決するために立ち上げた新規サービス「SiFFT-TDM®(シフト・ティディエム)」のサービスローンチにあたり、サービスコンセプトの紹介映像を制作しました。

  • ブランディング支援
  • クリエイティブ開発
  • SPツール
  • 映像

[ プロジェクトのポイント ]

  • アニメーション映像で実際の利用シーンを表現
  • 具体例で視聴者に「自分ごと化」を促す構成
  • 先進性と親しみやすさのバランスに配慮した演出
5枚中1枚目:動画のキャプチャ。「こんにちはSiFFT-TDMです」という挨拶文が表示されている。
5枚中2枚目:サービスの3つの機能である「あつめる」「みる」「つかう」がイラストで表現されている。
5枚中3枚目:動画のキャプチャ。人々が並ぶバス停にバスが到着する様子がイラストで表現されている。
5枚中4枚目:動画のキャプチャ。スムーズに道を進む救急車と、それに乗った妊婦がほっとしている様子がイラストで表現されている。
5枚中5枚目:動画のキャプチャ。さまざまな街がつながっていく様子がイラストで表現されている。

プロジェクトの背景

「SiFFT-TDM®」は国・自治体が提供している統計データや地域の移動に関する様々なデータを用いて、地域の交通課題を可視化し、最適な施策を導き出すことを可能とする新サービスです。
交通課題を抱える地方自治体に対し、サービスの有効性について、短時間で理解を深めていただくために映像の作成を検討していました。

問題解決までのアプローチ

初めにNTTデータのサービス担当者へのヒアリングを重ね、実際の営業の仕方などの活用シーンをイメージし、本映像の役割を定義しました。サービスの詳細説明は省略し、「サービス導入によりどんな未来が期待できるか」の訴求を中心とした、サービスコンセプトを把握してもらうためのドアオープンのツールとして位置付けました。

さらにコンセプトへの理解を深めてもらうためには、視聴者が共感でき、興味をもってもらえる「フック」となるシーンを設定することが重要と考えました。NTTデータの営業担当者が地方自治体の方々に伺ったリアルな悩みに基づいた交通課題の具体例のシーンを入れることで、視聴した地方自治体の方がコンセプトに対して納得して、自分ごと化できることを狙いました。

クリエイティブのポイント

「SiFFT-TDM®」は「交通需要マネジメント」というITを活用する先進的なサービスではあるものの、そこに暮らす人々のさまざまなデータによって成長する、いわば地域と共に成長するサービスです。そうした親近感を抱いてもらうため、イラストアニメーションによる演出や、「SiFFT-TDM®」というサービスそのものが、人格をもつキャラクターとして主体的に語ることで、親しみやすい印象を強調しました。

このようにイラストアニメーションで愛着を感じてもらう一方で、構成や効果音では先進性を意識した表現にするなど、ビジュアルや音声、構成、コピーなどの各要素でバランスを取った映像作品を制作しました。

動画キャプチャ。たくさん人が並ぶバス停にバスが来ず、皆ががっかりしている様子がイラストで表現されている。
動画キャプチャ。おばあさんが辛そうに道を歩いている様子がイラストで表現されている。
動画キャプチャ。渋滞に巻き込まれた救急車の中で心配そうにしている妊婦の様子が表現されている。

街の至る所で交通問題が発生していることを表現するため、奥行きを感じられるアイソメトリック(2.5次元)なアニメーションを使用。バス停にバスがなかなか来ない様子などが分かりやすく描かれている。

※「SiFFT-TDM®」 は、株式会社 NTT データの登録商標です。

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ様
URL https://www.youtube.com/watch?v=lj1ZLc3Qk1c
公開日/発行日 2022/07/06

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る