ユニマットリック   企業理念策定支援・ブランディング支援

社員の声から企業のかたちを描く
「愛される会社」の理念づくり

2018年に創業30周年を迎えた株式会社ユニマットリック様(以下、ユニマットリック)の企業理念の策定支援、価値整理、ポスター制作、名刺リデザイン、ノベルティグッズ制作を担当しました。

  • ブランディング支援
  • SPツール
  • 社内報/インナーコミュニケーションツール

[ プロジェクトのポイント ]

  • 企業価値を社員自ら言語化し、新理念への納得感を高める共創型プロセス
  • ブランディングの手法を用いたアイデンティティの決定から新理念創出を支援

提示された課題

2018年に創業30周年を迎え、今後のさらなる事業展開を見込み、新たな企業理念の策定を検討されていたユニマットリック。エクステリアやランドスケープ、オフィスの健康化など環境の豊かさに注目が集まりつつある昨今、暮らしという視点から人々の幸せに貢献するため、企業としてのミッションを踏まえた理念のあり方についてご相談いただきました。

問題解決までのアプローチ

本プロジェクトでは、企業理念を社内に浸透させるコミュニケーションとして、経営層が策定した理念をトップダウンで通達するのではなく、社員を巻き込みながら企業理念をつくっていくことを提案しました。これは、社員ひとりひとりが同じ目線の意志をもつことで、理念に通じるメッセージを顧客に正しく伝えることにもつながり、結果的に顧客満足度を高めることができるためです。

企業理念を策定し、それらを周知、運用するまでには主に対話を大切にした3つのフェーズを設けました。

  1. 1.探索・発見フェーズ:社員モチベーション調査、企業ブランド資産分析、競合他社のブランド分析
  2. 2.共有・浸透フェーズ:社内啓蒙、企業理念を自分ごとにするためのワークショップやイベント、理念策定のためのキーワード精査、アイデンティティの共有
  3. 3.運用・適用フェーズ:理念制定、ミッション・ビジョン・ウェイの制定、社内外普及への施策検討

これらを通じて、企業の価値とは何かをあらためて社員自ら言語化してもらい、意志を確認する時間を取りました。そして、企業の想い、組織の関係を鑑みながら「企業として何をするのか」「どうありたいか」を「ミッション」「バリュー」「ウェイ」「ビジョン」の4つの項目に落とし込んでいます。この段階で、新理念策定プロセスを啓蒙するための社内用予告ポスターを制作しました。

株式会社草冠の協力を得て、インターバル撮影の手法で1週間かけて撮影。「生きている」プロジェクトとして啓蒙しました。

社員の意志を企業理念に取り入れるべく行ったアンケートでは、集計時に際立ったキーワードを抽出し、価値整理を行いました。抽出したキーワードと会社のありたい姿を照らし合わせて導き出した「人々によい体験を提供する会社でありたい」という想いのもとに、ユニマットリックらしさについて分析、議論を行いました。

実際の企業理念策定では、企業を表すメッセージをタグラインとして捉えたらどうなるか、ひとことで人の心に留まるようなメッセージを複数案制作しました。それらを社内ワークショップで検討し、企業ロゴとのバランスを見るなど、社長をはじめ、広報や営業の方の意見も取り入れながらのブレストを行いました。

新しい企業理念が完成したのち、社外用PRポスターも新理念に合わせて複数色で展開。名刺のリデザインや企業ノベルティも併せて提案、制作しています。

クリエイティブのポイント

本プロジェクトでは、「共創」に価値を置き、単なる企業理念の策定支援にとどまらない、ブランディングとしても意味のある施策として展開しました。企業のコアバリューを考えるフェーズを設けてプロジェクトの社内浸透を図り、その体験を通じて本プロジェクトをより自分ごととして自分の言葉で語れるよう、インナーブランディングのプロセスそのものをデザインしています。

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 株式会社ユニマットリック 様
URL http://www.rikcorp.jp/

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る