国立大学法人 東京工業大学   大隅良典栄誉教授ノーベル賞受賞記念リーフレット&動画

受賞記念の式典に華を添える動画と
研究のあらましを伝えるリーフレットを制作

東京工業大学の大隅良典栄誉教授が2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞したことを記念して、祝賀会や講演会で配布するリーフレットと動画を制作しました。制作にあたっては、リーフレットや動画の役割と位置づけを明確にした上で、一貫したアートディレクションを遂行しました。
  • クリエイティブ開発
  • 映像

[ プロジェクトのポイント ]

  • 利用シーンの詳細なヒアリングから各媒体の役割を定義
  • これまで一緒に作り上げてきた情報資産をフルに活用
  • さまざまな利用シーンに対応できる「伝わる」動画シナリオ

提示された課題

大隅栄誉教授の受賞にあたって、研究関係者や行政からのお客さまを招いての祝賀会や、各地での講演会の展開が決まり、その機会に配布できる研究概要リーフレットを制作されたいということでご相談をいただきました。また、祝賀会で大隅栄誉教授の生い立ちや受賞にいたるまでの経緯を動画で上映したいとのリクエストをいただきました。

問題解決までのアプローチ

祝賀会の参列者の方々の属性や、今後の講演会の展望などをヒアリングさせていただき、リーフレットや動画の役割を明確化。それぞれ、構成ラフやシナリオの形でまずご提案し共通認識を構築していきました。
スウェーデンでのノーベル賞授賞式典が開催されるタイミングだったため、現地で撮影いただける画像など入手可能な素材についてご担当者様と連携して準備。既存資産も活かしつつ、大隅栄誉教授帰国後には広報撮影に同行して新たな素材収録を行うなど、ブラッシュアップしていきました。

クリエイティブのポイント

リーフレットでは、以前制作を担当していた同学の広報誌『Tech Tech』の原稿をもとに、最新の研究成果や受賞歴などを反映し、スピーディにコンテンツを作成。表紙には大隅栄誉教授と研究で使用する酵母のイメージを印象的に配置し、道なき道を切り開く研究者・大隅栄誉教授の姿勢を表現しました。
動画は、大隅栄誉教授の生い立ち、研究テーマ、メッセージの3部構成で制作。今後さまざまなシチュエーションで視聴されることも想定し、場面転換ごとの音楽の変更や、最新の研究テーマをアニメーションで説明するなど、単調にならないようディレクションしました。

プロジェクトの体制

  • プロジェクトマネージャー:1名
  • アートディレクター:1名
  • コンテンツディレクター:1名
  • ムービーディレクター:1名
  • ムービーエディター:1名

[ プロジェクト概要 ]

URL https://youtu.be/00SCcvTDnKE
公開日/発行日 2017.2.17

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ