日本公文教育研究会   Webサイトリニューアル

生徒募集のコミュニケーション戦略変更に伴い、新しいユーザーを適切に受け入れる施策と、サイトの主要な目的である「教室へのコンバージョン」向上につながる施策を希望されていました。
  • Webサイト/Webサービス
  • デジタルマーケティング支援
  • クリエイティブ開発

問題解決までのアプローチ / クリエイティブのポイント

KUMONに関心を持ち始めたユーザーにまずは興味を持ってもらい、KUMONを選択肢に入れ、比較検討の中で理解にもつなげられるサイトコミュニケーションの実現とコンバージョンの向上を目的とし、コンテンツの見直しと情報設計の再定義を行いました。
ユーザー定義として、これまでのサイトとこれからのサイトに訪れるユーザーの違いを検討し、またそれらのユーザーがどのようにサイト内をたどるかということをアクションフローとして定義しました。
これまでのサイトはKUMONを理解してもらうために情報をたくさん用意していましたが、新しく訪れるユーザーはKUMONに関心を持ち始めたユーザーで あるため、理解できるレベル感・理解しやすい方法を使って情報を提供するよう、動画の活用などコンテンツの大幅な見直しを行いました。
ユーザーに興味を持ってもらい、問題の顕在化や意外性を発見してもらう「KUMONのぎもん100」や、KUMONの思想理解に繋げる「KUMONの考え」といったコンテンツも企画しています。
ユーザー視点で用意したコンテンツとあわせて、デザインではKUMONの仕組みが分かる助けとなる表現を目指し、情報設計では正しく導き、促し、コンバージョンに繋げることを目的として再設計を行いました。

プロジェクトの成果

サイトリニューアル後に行ったアクセスログ解析から、興味→理解→アクションの順にサイトを回遊していることがわかってきました。これはアクションフロー で想定した導線をたどっていることを表しています。今後は、さらなる教室へのコンバージョン向上のため、改修施策を行っていきます。

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 株式会社日本公文教育研究会 様
URL http://www.kumon.ne.jp/

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ