丸紅   従業員組合広報誌『μ’s magazine』『CAREER DESIGN PRESS』制作

組織の中にある「個」を見つめ
よりよい働き方を選択するきっかけに

丸紅株式会社様(以下、丸紅)の従業員組合が発行する社内向け広報誌『μ’s magazine』『CAREER DESIGN PRESS』の編集支援・デザインを担当しました。冊子のコンセプトを整理し、関心を惹くコンテンツになるよう企画立案をサポートしながら、若手社員でも思わず手に取って開きたくなる自由度の高いデザインで表現しています。

  • クリエイティブ開発
  • 社内報/インナーコミュニケーションツール

[ プロジェクトのポイント ]

  • 既存の社内報との棲み分けを意識し、組織で働く「個」にフォーカス
  • 企画趣旨と読み手の気持ちに寄り添った、編集とデザイン

提示された課題

丸紅の従業員組合による活動報告は、メーリングリストで従業員に配信されていましたが、その開封率は低く、従業員組合の活動自体への興味関心度が低下しているという課題を抱えていました。一方、丸紅では「社員の働きがいをつくり」「キャリアプランを整える」という人事部が担っていた役割を従業員組合もサポートする流れが始まっていました。

プロジェクトの担当者様には、主にこれからの丸紅を支えていく20〜30代の若手社員にメッセージを届け、社員が自発的に行動できる環境をこの機につくりたいという思いがあり、本件においては従業員組合の活動についての認知を高め、社員と経営をつなぐ役割を担う媒体として、気軽に手に取れる紙媒体での情報発信についてご相談いただきました。

問題解決までのアプローチ

社員のモチベーションアップや多様化しつつあるキャリア設計に、丸紅としてどう応えるか。従来のメーリングリストから紙媒体へと発信環境を変え、従業員組合の活動について認知を高める広報誌『μ’s magazine』、キャリア設計に特化した冊子『CAREER DESIGN PRESS』の2誌を展開しました。

『μ’s magazine』では、組合の理念や活動の認知をテーマに、社員目線で「個」に興味をもってもらいながら働き方にフォーカスするコンテンツをクールなデザインで表現し、『CAREER DESIGN PRESS』ではキャリアを重ねる上で直面する問題や課題といった重いトピックにも軽やかに向き合えるよう、やわらかなデザインで表現しています。

発行済みである2号目までは編集・ディレクション・イラストディレクションを担当し、3号目からは企画にも携わっていますが、本プロジェクトは基本的に従業員組合の担当者様が企画編集を担当されているため、冊子全体のコンセプトを整理したガイドラインを作成し、よりよい企画を生むような体制づくりを支援しています。

クリエイティブのポイント

「手に取り」「読んでもらう」ことを最優先に、その発信のあり方について提案・改善を重ねています。冊子を開いてもらうことを意識した2号目では、インパクトの強いコピーと目を惹く写真をあしらうなど、狙いを明確にしたデザインを心がけ、若手社員が従業員組合の活動に興味関心がもてるよう、自由度の高いレイアウトデザインでコンテンツを展開しています。

『μ’s magazine』では従業員組合の活動報告や働き方について、『CAREER DESIGN PRESS』ではキャリアの間に潜む働き方の問題について、それぞれを自分ゴトとして考えるきっかけになるよう、「読む」という行動の敷居を感じさせないことをデザイン方針としています。別途、社員に配布される社内報のテーマ「組織」に対し、こちらは「個」にフォーカスしてコンテンツ方針を棲み分けています。

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名 丸紅株式会社 丸紅従業員組合 様

お仕事のご相談やお見積もり、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページの先頭に戻る